FUJITSU Public Sector SolutionSocial Century Resilience AI水管理予測システム
powered by Zinrai

AI水位予測の概要

近年、ゲリラ豪雨や台風等によって河川氾濫等の深刻な被害が多発しています。特に自治体が管理する中小河川では、集中豪雨によって急激に水位が上昇し短時間で被害が拡大するため水害対策が急務です。自治体では地域住民に避難指示を行うため、今後の降水量による河川の状況変化を迅速に把握するニーズが高まっています。

本システムは過去の少ない雨量や水位データから機械学習によって水位予測モデルのパラメータを最適化し、現在の雨量や水位データと予報雨量から6時間先までの水位を予測します。自治体では避難勧告発令等の防災や減災に向けた適切な意識決定支援、企業では自社の水防活動等に活用できます。

AI水位予測のイメージ

AI水位予測のイメージ

システムの特長

10分間隔に6時間先まで水位予測

現在の雨量や水位データ、今後の予報雨量を基に6時間先まで10分間隔の水位予測でリアルタイムに状況を把握できます。

河川水位グラフ

システム構築に河川測量は不要

河川測量等は不要で、過去の雨量と水位データだけで比較的容易にシステム構築できます。

お客様の保有データを利活用

本システムで利用する雨量や水位データは、お客様が関連システム等に蓄積しているデータを活用できます。また、インターネット上のデータも活用可能です。

オンプレでもクラウドでも提供可能

導入形態はオンプレ、クラウドでお客様のご要望に応じます。

機械学習の特長

機械学習による河川水位予測の特長

少ない雨量や水位データから河川水位予測

流出関数法と機械学習をベースにした水位予測モデル(数理モデル)を活用し、少ない雨量や水位データで自動的にパラメータを最適化して河川水位を予測できます。

河川水位予測の事例

現場環境変化に柔軟な対応が可能

河川改修や洪水に伴って現場環境が変化しても、変化後の雨量や水位データを再学習させることで、短期間で水位予測モデルを最適化できます。

お問い合わせ/ご相談

ページの先頭へ