FUJITSU Public Sector SolutionSocial Century Resilience AI水管理予測システム
powered by Zinrai

システム概要

昨今の豪雨災害により地域住民に対して避難指示を行う自治体においては、気象予測のみならず今後の降雨による河川の状況把握のニーズが高まってきています。

AI水管理予測システムは、過去の少ない雨量・水位データから機械学習によりモデルを作成し現在の雨量、水位データと数時間先の予報雨量を基に今後の水位を予測するシステムです。
現場への迅速な対応、避難勧告発令など、防災・減災に向けた適切な意思決定を支援します。

システムイメージ

AI水管理予測システム システムイメージ

特長

AIの機械学習を活用し水位を予測

AIにより、過去の雨量、水位データを学習してモデルを作成し、現在までの雨量・水位データと気象庁関係機関から各自治体へ配信される降雨予測データを基に、今後の水位を予測します。

新たなデータを再学習することでモデルを最適化

河川改修などに伴う環境変化に対しても、環境変化後のわずかな雨量・水位データを用いて学習し直すことで、本モデルを短期間で最適化します。

容易なシステム構築

河川測量などを必要とせず、今までの観測データから比較的容易にシステム構築できます。

既存システムとの連携

既に稼働している河川情報システムなどと連携し、本システムのデータを有効活用できます。

お問い合わせ/ご相談

ページの先頭へ