FUJITSU Public Sector Solution Social Century Transport

風速監視システム

強風による列車脱線事故を防止するため、線路上の風向風速を監視するシステムです。

システム概要

鉄道沿線の強風発生が予測される箇所(河川交差部等)に風速監視センサーを設置し、運転危険風速(20m/秒以上)の発生を検知し、運転司令及び信号システムに通知し、適正な徐行及び停止を指示します。
鉄道会社は、厳格な運転保安規則を定め、強風による列車脱線転覆を防止しており、風向風速監視システムはこの風向風速検知と運行システム連携を行う重要な保安システムです。

システムイメージ

風速監視システム システムイメージ

特長

高信頼

風向風速計の冗長化、光ネットワークのリング化により、高信頼なシステムを構築します。

長寿命/長期保守への対応

10年間以上の稼働を前提とした製品設計、保守対応の体制を実現しております。 

実績のある安定した技術

大手鉄道会社、新幹線等で実績があります。

お問い合わせ/ご相談

ページの先頭へ