FUJITSU Public Sector SolutionSocial Century Resilience デジタルレジリエンスサービス

システム概要

近年激甚化、広域化する自然災害から、住民や職員、従業員の生命と財産を守り、より迅速な災害対応業務を支援するSaaS型サービスです。
本サービスは、気象情報に加えSNS情報なども含む幅広いデータを災害対応に利活用するサービスです。気象情報や4種類ものSNS情報から災害関連のデータを収集し、様々なデータを組み合わせて、今どこで何が起きているかをリアルタイムにデジタル地図上で再現できます。これにより、拠点ごとの被害や対応状況を可視化し、災害時の二次被害の軽減や復旧、業務継続など、自治体や企業の災害対応業務を強力に支援します。
今後も、様々なデータを活用しながら継続的に成長可能な本サービスを通じて、台風や地震などの激甚化する自然災害に対する防災や減災対策を支え、災害に強くしなやかなレジリエンス社会づくりに貢献します。

デジタルレジリエンスサービスのご紹介~災害に強い社会の実現に向けて~

システムイメージ

システムイメージ図

特長

各種データを集約し、お客様の災害対策をサポート

最新技術を駆使し、災害に関する様々な情報をいち早く収集してプラットフォームへ蓄積し、解析・予測のうえGIS上に可視化します。
公共~企業まで幅広いお客様の早期復旧対策・対応をご支援します。

災害発生時に、迅速で的確な対応判断が可能

各種データから、どこで何が起きているかをリアルタイムにGIS上に再現し、現在起きている事象を網羅的かつ一元的に可視化します。
被害状況の迅速な把握により、災害対応への的確な意思決定をご支援します。

有事の際の事業継続をご支援

登録拠点・施設に対するリスク情報、および被害情報等の現場報告をGIS上に一元的に可視化します。
被害状況の集計・報告や、被害への対策検討をリアルタイムでご支援します。

平時よりオフィスや現場での安全対策をご支援

過去の災害発生状況、リスク状況を活用し、今後の防災・減災対策やBCP対策(※)に活用頂けます。
(※)BCP:事業継続計画

利用シーン

気象情報・災害発生情報共有システム

危機管理部門内で気象情報・災害発生情報を共有して、必要な対策を検討いただけます。

  • 気象情報、SNS投稿情報を、地図上に重ねて可視化
  • エリア全体およびエリア内の拠点に対するリスク情報の把握が可能

気象情報・災害発生情報共有システムの図

現地情報収集システム

危機管理部門で、拠点や公共施設、避難所等の被災状況を確認し、必要な対策を検討いただけます。

  • 警報発令エリア、震度が大きかったエリアなどに存在する拠点を抽出、対応を指示
  • 拠点・公共施設の被害報告や、避難所の状況などを、現地対応者のPC・モバイル端末から収集

現地情報収集システムの図

自治体の災害対策本部での情報共有・対策検討支援システム

職員、消防、警察等の災害対策本部メンバーで、リアルタイムに状況を共有し、被災状況や交通状況を踏まえて、総合的に災害への対策を検討・判断いただけます。

  • リアルタイム状況把握により、緊急/重点対応が必要なエリアを判断
  • 現地への移動・物資提供のためのルートの検討
  • 他県からの受援活動の支援にも活用

自治体の災害対策本部での情報共有・対策検討支援システムの図

販売価格

製品名 販売価格
デジタルレジリエンスサービス
基本サービス(リアルタイム状況把握)
1ライセンス202万円/年額~
(QAサポート含む)
デジタルレジリエンスサービス
機能追加オプション(拠点状況一覧)
50ライセンス36万円/年額~
(QAサポート含む)
初期セットアップサービス 60万円~
  • ライセンス価格はユーザID数によって異なります。
  • 自治体向けライセンス価格は人口規模によって異なります。
  • 現場からの状況報告と、気象データやSNS投稿情報を一元化しデジタル地図上に表示させるためには、機能追加オプション(拠点状況一覧)を購入いただく必要があります。
  • システムイメージ
  • 利用シーン1
  • 利用シーン2
  • 利用シーン3
  • 動画
  • カタログPDF

お問い合わせ/ご相談

ページの先頭へ