GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Storage ETERNUS VT600 バーチャルテープ

ディスクでテープ運用を仮想化し、バックアップ運用の効率化を実現する高信頼なメインフレーム向けバーチャルテープ

参考価格

月額270万円(税別・最小構成時)より


製品変遷


概要

メインフレーム環境のテープバックアップ運用をさらに効率化 新モデル登場 ETERNUS VT600 バーチャルテープ

ETERNUS VT600は、Fujitsu Technology Solutionsのバーチャル技術(CentricStor)を使用し、高性能を実現した階層型バーチャルテープです。

高速化と大容量データ保存

  • ホストと高速FCLINK(8Gbit/s)で接続され、デ-タ転送の高速化を実現
  • ディスクにあるテープボリュームキャッシュには大容量のデータを保存可能

テープ運用の効率化と信頼性能向上

  • LTO Ultriumの大容量カートリッジテープへデータをまとめて書き込むので、カートリッジテープ巻数の大幅な削減が可能
  • 搭載コンポーネントの冗長化やデュアルセーブ機能やマルチライブラリ機能の利用でデータ保全性を向上

災害対策

セキュリティ

  • バックエンライブラリの暗号鍵管理機能を利用し、カートリッジテープの暗号化によるデータ保護を実現

データ交換

データ移行

  • 新旧のETERNUS VT600 をLANで接続し、データ移行が可能注1
  • メインフレームなしでのリプレース「データ移行サービス」

(注1) ETERNUS VT600 Model 300 S6/Model 700 S6のみサポート

装置外観

装置外観の図

仕様・諸元

ETERNUS VT600 仕様

モデル Model 50 S6 Model 300 S6
Model 700 S6
キャビネット数 1 2
仮想ドライブ ドライブタイプ F6473K(36トラックテープドライブエミュレーション)
ドライブ数 8 32, 48, 64 64~256
論理
ボリューム
サポート数 最大3,000 最大100,000 最大500,000
テープ
ボリューム
キャッシュ
キャッシュ容量 (非圧縮) 522GB, 923GB 618GB~3.2TB 625GB~15.8TB
ホスト
インター
フェース
ドライブインターフェースタイプ コンソール・テープ接続機構注1,
OSIV/XSP動作機構 FCLINK注3
高速FCLINK(8G)注2
ドライブパス数 4 4, 6, 8 4~16
ロボットインターフェースタイプ LAN (TCP/IP)
搭載物理
ライブラリ
サポート物理ドライブ 注4 LTO Ultrium6, LTO Ultrium7 ドライブ 注5 テープライブラリの標準搭載なし ETERNUS LT270 S2注6が接続必須

[詳細は、ETERNUS LT270 S2
(VT600接続時)の装置仕様を参照]
サポート物理ドライブ数 2 2, 4
物理テープ
収納巻数
41 65, 105
搭載ライブラリ数 1台
外形寸法(W x D x H) 747 x 1,066 x 1,800mm
(1,800mmキャビネット),
747 x 1,066 x 1,980mm
(1,980mmキャビネット)
1,484 x 1,066 x 1,980mm
最大質量 1,800mm
キャビネット:400kg
1,980mm
キャビネット:420kg
1,800mm
キャビネット:470kg
1,980mm
キャビネット:490kg
1,050kg
電源仕様 電圧 AC200~240V
相数 単相
周波数 50Hz, 60Hz
電源制御 SCCI
最大消費電力
(最大皮相電力)
1,700W
(2,300VA)
2,300W
(3,000VA)
7,300W
(9,500VA)
最大発熱量 6,120kJ/h 8,280kJ/h 26,280kJ/h
周囲環境
条件
温度 10~32℃(動作時), 0~50℃(非動作時)
湿度 20~80%RH(動作時), 8~80%RH(非動作時)
必要コンセント数 4 8
コンセント形状 ロック式2ピン アース付(NEMA L6-30)

(注1)コンソール・テープ接続機構は、GS21 2400/2600/3400/3600にのみ直接接続が可能
(注2)OSIV/XSP動作機構 FCLINKはPRIMEQUEST2000 シリーズのOSIV/XSP 動作機構キット2,キット3と直接接続が可能
(注3)高速FCLINKはGS21 2400/2600/3400/3600とETERNUS FCLINKスイッチ経由または直接接続が可能
(注4)WORMタイプのカートリッジテープは使用不可
(注5)暗号化機能は未サポート
(注6)接続テープライブラリ数は最大2台まで

ETERNUS LT270 S2(VT600接続時)の装置仕様

収納巻数 注1 注2 112 230 400 612, 637,
662, 687注3
バックアップ容量注1 Ultrium6
カートリッジテープ
(非圧縮時)
280TB 575TB 1,000TB 1,530TB, 1,592.5TB, 1,655TB, 1,717.5TB
注3
Ultrium7
カートリッジテープ
(非圧縮時)
672TB 1,380TB 2,400TB 3,672TB, 3,822TB, 3,972TB, 4,122TB
注3
キャビネット数 1
搭載コンポーネント注1 ロボット数 2
CAS部巻数注4 10×2
テープドライブ数
注5
4, 8, 12, 16
テープドライブ仕様 注6 Ultrium6
ドライブ
転送速度 160MB/秒(非圧縮時)
記憶容量 2.5TB/巻(非圧縮時)
Ultrium7
ドライブ
転送速度 300MB/秒(非圧縮時)
記憶容量 6.0TB/巻(非圧縮時)
ホストインターフェース ファイバチャネル
外形寸法 注1(W×D×H) 780×1,270×1,980mm
最大質量注1注7 600kg
電源条件 電圧 AC200~240V
相数 単相
周波数 50Hz, 60Hz
最大消費電力(最大皮相電力)注1 900W(1,000VA)
最大発熱量 注1 3,240kJ/h
電源コンセント 必要コンセント数 2
コンセント形状 ロック式2ピンアース付(NEMA L6-15P)
周囲環境条件 温度 10℃~35℃(動作時)、-44℃~66℃(非動作時)
湿度 20%~80%(動作時)、10%~95%(非動作時)

(注1)ETERNUS LT270 S2 基本キャビネット が1台の値
(注2)ユーザー使用可能巻数
(注3)テープドライブの搭載数により異なる
(注4)CASはカートリッジマガジンで、Cartridge Access Stationの略
(注5)VT600に接続可能なテープドライブ数は最大16台
(注6)WORMタイプのLTO Ultrium カートリッジテープは使用不可
(注7)カートリッジテープの質量を除く最大構成時の値

環境への配慮

グリーン製品の提供

グローバルな環境対策に則った当社独自の厳しい環境評価基準(省資源化、リサイクル設計、化学物質含有/使用規制、省エネルギー、環境情報の提供など)に基づいた地球に優しい、環境への負荷の少ない「グリーン製品」として提供しています。

Green Policy Innovation グリーン製品のロゴマーク

サポートサーバ/OS

OS/ソフトウェア
サポートOS OSIV/MSP
OSIV/XSP
必須ソフトウェア AFII V10L10 (基本制御プログラム)
VTCP V10L10 (バーチャルテープコントロールプログラム)
MTCP V10L10 (磁気テープ・ユーティリティ)
VTAM-G (通信プログラム) []
VTAM-G TISP V10L10 (通信オプション)

[注] OSIV/MSPの場合はV30L20、OSIV/XSPの場合はV30L10

カタログ・資料

カタログ

資料名 版数
ETERNUS VT600 (1.05 MB ) 2019年4月版

導入事例


ストレージ ETERNUS VT600 バーチャルテープ 活用事例 様
ETERNUS VT600 バーチャルテープ 活用事例
バッチ処理の高速化とバックアップ運用コストの削減


ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS