GTM-MML4VXJ
Skip to main content

データのセキュリティ強化「暗号化機能」

ETERNUS VT600 Model 700 S6はバックエンドのETERNUS LT270 S2 テープライブラリの暗号化機能と暗号鍵管理オプションを組合せることで、外部排出用カートリッジテープの紛失や盗難時の情報漏えいを防止し、データのセキュリティを強固にします。
同一マスタキーを持つETERNUS VT600との間でのみ、データの相互運用が可能です。

暗号化機能概要図

*1 AES(Advanced Encryption Standard)米国連邦情報処理標準の暗号、総務省および経済産業省が「電子政府推奨暗号リスト」に掲載

  • 暗号化の管理はETERNUS VT600運用コンソールにより、テープライブラリのLT Remote Panelで行うことができます。
  • 暗号化はカートリッジテープ単位で行われます。
  • ETERNUS VT600の異なるモデルや他のLTO テープ装置との間のデータ運用はできません。

動作環境

サポートバーチャルテープ ETERNUS VT600 Model 700 S6/S5/S4/S3/S2

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。

関連記事


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS