12. オールフラッシュストレージの展望

IT専門調査会社の調査結果によると、オールフラッシュストレージの2021年までの年間平均成長率(出荷金額)は2~30%と高い成長が予測されています。これはフラッシュ(SSD)の大容量化と低価格が進み、コスト面での導入障壁がなくなることで、プライマリーストレージとしてオールフラッシュ導入が加速していきます。用途として、仮想化統合で代表される「業務の効率化や生産性向上」「コスト削減」を目的としたオールフラッシュの利用・置き換えが進みだすと考えられています。

さらに、「デジタル変革の波」が押し寄せている近年、IoTやAIによる大容量データの蓄積・分析など今までにない「新しいビジネス価値の創造」や「競争力強化」を目的に高い処理能力が必要とされ、オールフラッシュの利用が拡大していくと考えられています。
ただし、現状ではHDDとの容量単価に差があるため、すべてのHDDをフラッシュ(SSD)に置き換えられるというわけではありません。バックアップやアーカイブ、データサービス(大規模スケールアウト型・コンテンツデポ)においては、HDDやテープストレージが使われ続けていくと考えられています。

オールフラッシュストレージは、業務プロセスの迅速化、ビジネス変化への即応力、競争力に影響を及ぼすキーアーキテクチャーとして活用が加速していきます。
富士通では今後も、お客様の様々なニーズに応じて、戦略的活用を支援するフラッシュストレージソリューションを幅広く提供してまいります。

オールフラッシュストレージ

フラッシュメモリ(SSD)をフル搭載した、パフォーマンスが重視される環境に最適なストレージです。高負荷な環境においても極めて低いレイテンシーを実現し、迅速かつ安定した処理を実現

ハイブリッドストレージ

高速なデータアクセスが可能なSSDはもとより、各種HDDまで幅広くサポートしたハイブリッドシステム。お客様の業務特性やコスト要件に応じて性能・容量・価格に柔軟に対応

掲載日:2017年12月26日

製品ラインナップ

ETERNUS AX series

仮想化システムで求められる、ブロックアクセスによる高いレスポンス性能と、ファイルアクセスによる簡易なデータ管理という2つの異なるデータアクセス形式を、一台のストレージで柔軟に実現

ETERNUS AB series

卓越したIOPS性能と低レイテンシを実現し、基幹システムやHPCに適したシンプルなブロックストレージ。ストレージ要件に応える機能によって、データ保護と活用をサポート

ETERNUS AF series

富士通独自の機能により、SSDの長寿命化、高速なSSDの性能を100%引き出し、データベース高速化や仮想化集約、データの分析・解析などに迅速かつ安定した能力を発揮

ETERNUS NR1000A series, C190

ネットワーク処理とファイルシステム処理を一体化し、オールフラッシュに特化したユニファイドストレージ。信頼性も高く、高いパフォーマンスを必要とする環境で力を発揮

(注)ETERNUS NR1000 C190/A220/A400の後継製品としてETERNUS AX seriesをご提供しています。対象製品名はこちらをご覧ください。

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)