10. 仮想化の集約とオールフラッシュストレージ

仮想化技術は、企業のシステム基盤の在り方を大きく変えました。1台の物理サーバ上で複数の仮想マシン(論理サーバ)を稼働させるサーバ仮想化、クライアントの実行環境を仮想化してサーバ上で実行するデスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)といった仮想化技術を活用することで、システムに必要なサーバなどのハードウェアの削減が可能になり、導入・運用のコストの抑制につながります。最近では、サーバのCPU性能の向上、実装メモリの増加が進み、仮想化システムを集約してさらに少ないハードウェアでリソースを有効活用し、コスト、設置スペース、消費電力の低減を図る事例もあります。

より多くの仮想化システムを集約し、そのメリットを最大限に享受するには、ストレージも高性能、大容量化および集約が求められます。しかし、HDDタイプのストレージでは、HDDあたりの多重度が増加してレスポンスに影響し、期待するIOPS性能が得られなくなります。

NAND型フラッシュメモリで構成されるSSD(フラッシュ)は、HDDに比べると100倍以上のIOPS性能を備えています。ランダムアクセスに強く、高負荷時でもレスポンスの低下が発生しません。フラッシュは近年容量単価が低下しており、性能単価ではHDDより優位です。圧縮・重複排除機能により、容量を効率的に利用することも可能です。仮想化システムの集約時に高い効果を発揮できるのはオールフラッシュストレージと言えるでしょう。

掲載日:2017年11月27日

製品ラインナップ

ETERNUS AX series

仮想化システムで求められる、ブロックアクセスによる高いレスポンス性能と、ファイルアクセスによる簡易なデータ管理という2つの異なるデータアクセス形式を、一台のストレージで柔軟に実現

ETERNUS AB series

卓越したIOPS性能と低レイテンシを実現し、基幹システムやHPCに適したシンプルなブロックストレージ。ストレージ要件に応える機能によって、データ保護と活用をサポート

ETERNUS AF series

富士通独自の機能により、SSDの長寿命化、高速なSSDの性能を100%引き出し、データベース高速化や仮想化集約、データの分析・解析などに迅速かつ安定した能力を発揮

ETERNUS NR1000A series, C190

ネットワーク処理とファイルシステム処理を一体化し、オールフラッシュに特化したユニファイドストレージ。信頼性も高く、高いパフォーマンスを必要とする環境で力を発揮

(注)ETERNUS NR1000 C190/A220/A400の後継製品としてETERNUS AX seriesをご提供しています。対象製品名はこちらをご覧ください。

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)