GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Network 映像収集・蓄積・配信ソフトウェア FutureyeⅡ
放送アプリケーション VideoCaster IP Switcher

複数拠点のエンコーダーのライブ映像を、少ないデコーダーで受信する場合に効率的な切替え運用を実現します。

img-ipswitcher.jpg
  • エンコーダー、デコーダーの映像切替え制御
  • 配信先表示、プリセット機能などを搭載
  • VideoCaster Multimonitorと併用で、より効率的な運用を実現
    注)IP-HE950を除く

機能

  • デコーダー映像切替え制御

    マトリックススイッチャーのような一覧画面からエンコーダーを選択し、簡単に映像の切替えができます。

  • 配信先表示

    エンコーダーがどのデコーダーへ配信中か表示します。

  • ビデオ入力/レート表示

    エンコーダーの現在の入力インタフェースやビデオレートを表示します。

  • プリセット機能

    エンコーダーの設定情報をプリセットとして保持し、設定適用することができます。

  • カメラ制御接続

    カメラ制御接続(RS-232Cパススルー)のON / OFFを制御可能です。
    注)IP-HE950を除く

構成

  1. VideoCaster IP Switcher 基本ソフトウェア

動作条件

製品種別 VideoCaster IP Switcher
OS Microsoft Windows 10(64bit)
CPU Intel Celeron 4205U(1.8GHz/2コア)以上
メモリ 8GB以上
接続対象機種 バージョン
IP-HE950 V01L040以降
IP-9610 V02L007以降
IP-900E, IP-900ⅡD,
IP-920E, IP-920D
V02L060以降
課題解決のヒントとなる旬な情報を提供! ネットワークソリューションパンフレット。 詳細はこちらから

IPシリーズ・ FutureyeⅡに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)