GTM-MML4VXJ
Skip to main content

今までに発表した製品
FUJITSU Storage ETERNUS DX100 S4
ハイブリッドストレージシステム

ETERNUS DX100 S4 ハイブリッドストレージシステムは、2020年3月31日に販売終息しました。本製品の後継製品は、ETERNUS DX100 S5となります。
本ページで紹介している情報は、2019年11月5日時点のものです。

製品変遷 | 消費電力計算ツール

概要

第四世代となるハイブリッドストレージ

  • ETERNUS DX100 S4は、超高速SSDはもとより、従来型の各種HDDを最大144本・物理容量として最大4,424TBを格納することが可能な中小規模向けハイブリッドストレージです。導入コストを抑えたエントリークラスの位置づけながら、従来機種比4倍(最大)のメモリ搭載・高速インターフェース採用などにより、大幅な基礎体力の強化が図られております。

膨大なトラフィックにも負けない圧倒的なパワー

  • SSDをキャッシュとして利用するExtreme Cache Poolにより、リードキャッシュ容量を大幅に拡張し、アクセス性能の向上を実現
  • フルボリュームの高速コピー機能、差分コピー機能、スナップショット機能をサポートし、業務影響を最小限に抑えたバックアップが可能
  • 主要なコンポーネントを冗長化すると共に、RAIDやキャッシュデータのミラーリングによりデータを冗長化
  • ドライブ故障時にデータの冗長性を常に確保し、停電時にもデータを保護。さらに万一、ドライブが故障した場合に、故障したドライブ上に格納されているデータを残りのドライブに高速に再配置して迅速な復旧を実現する「Fast Recovery」をサポート
  • 自己暗号化ドライブのサポートにより、ドライブ自体の不正なデータ解読を防ぐことが可能

リソース活用の最適化

  • 容量を仮想化するシン・プロビジョニング機能により、大容量として利用しながら、導入するディスク数を抑制し、投資の最適化を実現
  • QoS(Quality of Service)機能により、負荷変動の影響を他のアプリケーションに与えず、安定したパフォーマンスを保つことが可能
  • 異種ドライブ混在環境で、データのアクセス頻度を検出し、設定したポリシーに応じてドライブ間でデータ再配置を行うストレージ自動階層制御をサポート
  • MAID(Massive Array of Idle Disks)技術を応用し、必要時のみディスクを回転させるエコモードをサポート。未使用ディスクの回転を停止した上で、新たにディスクへの電力供給を停止する機能を実装し消費電力を削減

ストレージ統合環境の実現

  • 同一筐体内にSANストレージ領域(ブロックアクセス)とNAS領域(ファイルアクセス)を共存可能なユニファイドストレージであるため、効率的なリソース運用を実現
  • 仮想化プラットフォームVMware vSphereのディスクストレージシステム向けAPI「VAAI(vStorage APIs for Array Integration)」をサポートにより、VMware環境のシステム性能を向上
  • 仮想マシン単位でボリューム管理するVMware vSphere のVirtual Volumes(VVOL)をサポートし、仮想マシンそれぞれの運用要件に応じたきめ細かなバックアップ運用やリソース管理を実現
  • Windows/Linux/UNIXの各種OSをサポートし、富士通製サーバのみならず、各社サーバの接続が可能。SAN接続用にFC、iSCSI、SASNAS接続用にEthernetの多様なインターフェースをサポート

(注1)最大転送速度

垂直統合・仮想化・クラウド基盤 FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Cloud

仕様・諸元

ETERNUS DX100 S4 装置仕様
CPU インテル® Pentium® プロセッサ
サポートRAID 0 , 1 , 1+0 , 5 , 5+0 , 6
最大物理容量注1 4,424TB 注2
コントローラー数 2
ホストインターフェース[最大転送速度] FC[32Gbit/s, 16Gbit/s, 8Gbit/s]
iSCSI[10Gbit/s (10GBASE-T)]
iSCSI[10Gbit/s (10GBASE-SR)]
iSCSI[10Gbit/s (10GBASE-CR)]
iSCSI[1Gbit/s (1000BASE-T)]
SAS[12Gbit/s]
Ethernet[10Gbit/s, 1Gbit/s]
ホストインターフェース数 2, 4, 8[FC, iSCSI, SAS, Ethernet(10Gbit/s)]
4, 8, 16[Ethernet(1Gbit/s)]
最大接続サーバ数 1,024
最大システムメモリ容量 32GB
ドライブ数 2~144 注3
最大DE数
注4
2.5" DE 5
3.5" DE 10
3.5" 高密度DE 2
サポートドライブ[回転数] 2.5" CE/DE SASディスク 2.4TB 注5, 1.8TB 注5, 1.2TB, 900GB, 600GB, 300GB[10,000rpm] / 900GB, 600GB, 300GB[15,000rpm]
SAS自己暗号化ディスク 2.4TB 注5, 1.2TB[10,000rpm]
ニアラインSASディスク 2TB注5, 1TB[7,200rpm]
SSD 30.72TB, 15.36TB, 7.68TB, 3.84TB, 1.92TB, 960GB, 400GB
自己暗号化SSD 7.68TB, 3.84TB, 1.92TB, 400GB
3.5" CE/DE ニアラインSASディスク 14TB注5, 12TB注5, 10TB注5, 8TB注5, 6TB注5, 4TB, 2TB[7,200rpm]
ニアラインSAS自己暗号化ディスク 12TB注5, 8TB注5, 4TB[7,200rpm]
SSD 3.84TB, 1.92TB, 960GB, 400GB
自己暗号化SSD 3.84TB, 1.92TB, 400GB
3.5" 高密度DE SASディスク 1.2TB[10,000rpm]
ニアラインSASディスク 14TB注5, 12TB注5, 10TB注5, 8TB注5, 6TB注5, 4TB, 2TB[7,200rpm]
ニアラインSAS自己暗号化ディスク 12TB注5, 8TB注5, 4TB[7,200rpm]
SSD 3.84TB, 1.92TB
ドライブインターフェース[最大転送速度] SAS[12Gbit/s]
外形寸法
[ピッチ数]
2.5" CE W482 × D645 × H88 mm[2U]
2.5" DE W482 × D540 × H88 mm[2U]
3.5" CE W482 × D670 × H88 mm[2U]
3.5" DE W482 × D560 × H88 mm[2U]
3.5" 高密度DE W482 × D980 × H176 mm[4U]
最大質量(エンクロージャ1台当たり) 35kg
最大質量(3.5高密度ドライブエンクロージャ1台当たり) 100kg
電源条件 電圧 AC100V~120V , AC200V~240V
相数 単相
周波数 50Hz , 60Hz
最大消費電力
[最大皮相電力]
AC100~120V 2.5" CE 770W[780VA]
2.5" DE 430W[440VA]
3.5" CE 670W[680VA]
3.5" DE 340W[350VA]
3.5" 高密度DE 1,300W[1,320VA]
最大構成時 4,170W[4,280VA]
AC200~240V 2.5" CE 770W[780VA]
2.5" DE 430W[440VA]
3.5" CE 670W[680VA]
3.5" DE 340W[350VA]
3.5" 高密度DE 1,300W[1,320VA]
最大構成時 4,170W[4,280VA]
最大発熱量 AC100V~120V 15,800 kJ/h
AC200~240V 15,800 kJ/h
周囲環境条件 温度 10~40℃(動作時)
湿度 20~80%RH(動作時)
コンセント形状 AC100V仕様 NEMA5-15
AC200V仕様 NEMA L6-15, NEMA L6-20, NEMA L6-30
省エネ法に基づく表示(2011年度基準) 区分名 N
エネルギ―消費効率(達成率)注6 2.5" CE使用時 0.0043[AAA]
3.5" CE使用時 0.00097[AAA]

用語表記:2.5":2.5インチ, 3.5":3.5インチ, CE:コントローラーエンクロージャ(ベース装置), DE:ドライブエンクロージャ

(注1) 本容量は、1TB=1,000GB、1GB=1,000MBとして計算した物理容量です。
(注2) 2.5インチドライブの最大容量ドライブを最大数搭載した場合の容量。
(注3) 単一サイズのドライブを最大数搭載した場合の数値です。
(注4) ドライブエンクロージャは混在搭載が可能です。
(注5) アドバンスト・フォーマット。
(注6) エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める記憶容量で除したものです。基準達成率の表示語は、Aは100%以上200%未満、AAは200%以上500%未満、AAAは500%以上達成していることを示しております。

環境への配慮

グリーン製品の提供

Green Policy Innovation グリーン製品のロゴマーク

ETERNUS DX100 S4は、グローバルな環境対策に則った当社の厳しい環境評価基準(省資源化、リサイクル設計、化学物質含有/使用規制、省エネルギー、環境情報の提供など)をクリアした地球環境に配慮した「グリーン製品」です。

グリーン購入法への対応

本製品は、国などによる環境物品などの調達の推進などに関する「グリーン購入法」に基づく調達の基本方針(判断の基準)に対応しています。

サポートサーバ/OS(SAN)

[注] HBA(ホストアダプター)情報に関してはお問い合わせください。

サポートサーバ/OS
メーカー名 機種 OS
富士通 基幹IAサーバ
PRIMEQUEST
1000シリーズ
2000シリーズ
3000シリーズ
Microsoft® Windows Server® 2019 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2019 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard
Red Hat Enterprise Linux 7 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 5
Oracle Linux 7
VMware vSphere® 6
VMware vSphere® 5
Oracle VM server 3
UNIXサーバ
SPARC M10/M12
SPARC Enterprise
Oracle Solaris 11
Oracle Solaris 10
PCサーバ
PRIMERGY
Microsoft® Windows Server® 2019 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2019 Standard
Microsoft® Windows Server® 2019 Essentials
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Essentials
Microsoft® Windows® Storage Server 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Foundation
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Essential
Microsoft® Windows® Storage Server 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Foundation
Red Hat Enterprise Linux 8 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 7 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 5
SUSE Linux Enterprise Server 15
SUSE Linux Enterprise Server 12
SUSE Linux Enterprise Server 11
Oracle Linux 7
Oracle Linux 6
Oracle Linux 5
VMware vSphere® 6
VMware vSphere® 5
Citrix Hypervisor 7 (XenServer 7)
Oracle VM server 3
FalconStor NSS
Oracle/Sun SPARC Server Oracle Solaris 11
Oracle Solaris 10
HP HP Integrityサーバ HP-UX 11iv3 (IPF)
HP 9000サーバ HP-UX 11iv3 (PA-RISC)
IBM Power Systems, System p AIX 7.2
AIX 7.1
その他 各社PCサーバ Microsoft® Windows Server® 2019 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2019 Standard
Microsoft® Windows Server® 2019 Essentials
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Essentials
Microsoft® Windows® Storage Server 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Foundation
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Essential
Microsoft® Windows® Storage Server 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Foundation
Microsoft® Windows® Storage Server 2012 Standard
Red Hat Enterprise Linux 8 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 7 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 5
SUSE Linux Enterprise Server 15
SUSE Linux Enterprise Server 12
SUSE Linux Enterprise Server 11
VMware vSphere® 6
VMware vSphere® 5
Citrix Hypervisor 7 (XenServer 7)
Oracle Linux 7
Oracle Linux 6
Oracle Linux 5
Oracle VM server 3
FalconStor NSS

補足 : サポートサーバ/OSの詳細につきましては、弊社担当営業または弊社パートナーまでお問い合わせください。



ETERNUS DX ディスクストレージシステム 消費電力計算ツール

サポートプロトコル(NAS:動作確認済OS)

動作確認済みOS
プロトコル OS
CIFS注1 Microsoft® Windows Server® 2016
Microsoft® Windows Server® 2012 R2
Microsoft® Windows Server® 2012
Microsoft® Windows Server® 2008 R2
Microsoft® Windows Server® 2008
Microsoft® Windows 10
Microsoft® Windows 8.1
Microsoft® Windows 7
NFSv4注2 Red Hat Enterprise Linux 7.4
Red Hat Enterprise Linux 7.3
Red Hat Enterprise Linux 7.2
Red Hat Enterprise Linux 6.7
Oracle Solaris 11.3
Oracle Solaris 11.2
Oracle Solaris 10 1/13 (Update 11)
NFSv3 Red Hat Enterprise Linux 7.4
Red Hat Enterprise Linux 7.3
Red Hat Enterprise Linux 7.2
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 5
Oracle Solaris 11.3
Oracle Solaris 11.2
Oracle Solaris 10 1/13 (Update 11)
VMware vSphere® 6.5
VMware vSphere® 6.0 Update 1b
VMware vSphere® 5.5 Update 3b
VMware vSphere® 5.1 Update 3
VMware vSphere® 5.0 Update 3
Oracle VM server 3
AIX 7.1
HP-UX 11iv3

(注1) SMB 3.0以降のHyper-Vは未サポートです。
(注2) NFSv4では、動作確認済OSのみサポートしています。

特長・機能

多様なビジネス要件に応える富士通のストレージ・ソリューション・コンセプト「Business-centric Storage」を具現化。 ストレージシステムを取り巻く様々な課題を解決します。

膨大な業務をこなし、止めない

高速コピー/リカバリ

無停止

データ保護

セキュリティ

高性能

リソース活用の最適化

容量の仮想化

性能リソースの自動割当

ストレージ自動階層制御

拡張性

省エネ運用

環境配慮

  • グリーン製品

    グローバルな環境対策に則った当社の厳しい環境評価基準(省資源化、リサイクル設計、化学物質含有/使用規制、省エネルギー、環境情報の提供など)をクリアした地球環境に配慮した製品です。

ストレージ統合環境の実現

SAN/NAS統合

運用管理

サーバ仮想化環境への対応

データ移行

データ共用

サービス

富士通サポートセンターの専門技術者によるOS/ミドルウェアのサポート、さらに点検/ハードウェア障害予兆のリモート通報などの予防保守などでの運用支援など、充実したサービスでシステムの安定稼動を支援します。

ETERNUS DX ディスクストレージシステム 消費電力計算ツール

ダウンロード

設定ツール

各種 連携プログラム/設定ツールが以下よりダウンロード可能です。

ファームウェア

ETERNUS DX100 S4/DX200 S4の基本制御を行うコントローラーファームウェアの最新版には、追加機能のサポート、またはコントローラーファームウェアの修正データが含まれています。 ETERNUS DX100 S4/DX200 S4は、常に最新版のコントローラーファームウェアを適用して使用してください。
なお、適用はお客様による作業となりますが、弊社サービスエンジニアに委託頂き、お客様先での適用作業を行う「BIOS/ファームウェアアップデート(ストレージ)サービス」もございますので、ご利用ください。
また、SupportDeskサービスご契約のお客様は「SupportDesk Web新規ウィンドウが開きます」よりファームウェアを入手することも可能です。

製品名 内容
ETERNUS DX100 S4/DX200 S4 ETERNUS DX100 S4/DX200 S4 ファームウェア、修正情報、関連資料など
(注) ご利用には「富士通ID(登録無料)」が必要です。

導入事例


国立大学法人 北陸先端科学技術大学院大学 様
事務系システムと全学メールサーバシステムの仮想化基盤にETERNUSを導入。SSD+SASの自動階層制御でコストと性能のバランスを図る

学校法人河合塾 様新規ウィンドウが開きます
年間298万人が受験する模試の成績処理システムの基盤を刷新
システム処理性能は最大3倍、柔軟な拡張性で将来の大学入試改革に対応

サンスターグループ 様
日々の営業活動を担う営業支援システムのDWH基盤にETERNUSを導入
様々なデータを活用できる基盤を確立し営業の提案力の向上を図る

宮崎県立看護大学 様
ETERNUSを中核に学内の基幹業務を担う仮想化基盤を刷新
高性能・高信頼、高拡張性で大容量データを使った教育を支える

株式会社中央コンピュータシステム 様
プライベートクラウド基盤に「ETERNUS DX series×VVOL」を導入
仮想マシン単位のストレージ運用を実現し仮想化環境の運用を改善

株式会社ヤクルト本社 様
業務のサービスレベルを維持しながらも導入コストを半減、パフォーマンスも大幅に向上。ヤクルトの外部販売取引管理システム基盤を刷新

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 様、シーティーシー・テクノロジー株式会社 様
CTCのテクニカルソリューションセンターでETERNUSの接続性や操作性を検証。ポートフォリオを強化しお客様の様々なニーズにより一層応えていく

サミー株式会社 様
5社のベンチマークテストでETERNUSのポテンシャルの高さに衝撃
レスポンスタイムは1ミリ秒以下、業務のスピードアップに貢献

千葉大学真菌医学研究センター 様
ゲノム情報を解析する高性能と研究の効率化を図る並列計算を実現
研究成果に貢献するとともにETERNUSの高信頼性で研究データを守る

株式会社常口アトム 様
仮想化基盤の共有ストレージに高性能、高信頼ETERNUSを導入
高可用性、バックアップの一元管理を実現し道内90店舗の業務を支える


ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS