GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. ハイブリッドストレージシステム >
  6. ETERNUS DX series >
  7. ドライブエンクロージャのリバース接続による可用性向上 リバースケーブリング

ドライブエンクロージャのリバース接続による可用性向上
リバースケーブリング

コントローラーとドライブ間のデータ転送パスの可用性を向上するために、ETERNUS AFおよびETERNUS DXが採用しているエンクロージャ間のケーブル接続方式。二重化したコントローラーの片系をドライブエンクロージャの終端に接続することで、パス上のドライブエンクロージャで故障が発生しても、リバースケーブリングによって正常なパスから継続アクセスが可能なため、影響箇所を最小限に抑えられます。

効果

  • ドライブエンクロージャ故障時でも、後段のDEへのアクセスを確保
  • 従来機と比較して、コントローラーとドライブ間のデータ転送パスの可用性を向上。

動作環境

サポートストレージ オールフラッシュアレイ ETERNUS AF650 S2/AF650
ハイブリッドストレージシステム/ディスクストレージシステム ETERNUS DX100 S4/S3, DX200 S4/S3
ETERNUS DX500 S4/S3, DX600 S4/S3
ETERNUS DX8700 S3, DX8900 S4/S3

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS