GTM-MML4VXJ
Skip to main content

データベースと連携したデータ保護

複製ボリューム上のデータの整合性を保証するためには、一旦アプリケーションを停止し、静止状態の業務ボリュームをコピーする必要があります。代表的なデータベース(Oracle/Microsoft SQL Server/Symfoware(注1)などのデータベースには、一定期間、業務ボリューム上のデータを書き換えないようにするために、トランザクションをログファイルに集積する機能が備わっています。このようなデータベース側の機能と、短時間で業務ボリュームをコピーできるETERNUS AFおよびETERNUS DX(以下、ETERNUS)のアドバンスト・コピー機能(OPC/Quick OPC)とETERNUS SF AdvancedCopy Managerを組合せることで、業務への影響を最小限に抑えたデータベースの無停止バックアップが可能となります。

(注1) SymfoWARE Advance Backup Controlとの直接連携、Oracle BeginBackup, EndBackupコマンド連携

さらに、Oracleデータベースにおいては、リカバリー作業が不安だという話をよく聞きます。これは、万一のトラブル発生時にデータを戻すのに多くの手順が必要で複雑なためです。また、Oracleのリカバリーコマンドを手動で実行するなど専門知識が必要であることも不安にする原因の一つです。

そこで、 Oracle Recovery ManagerとETERNUSのアドバンスト・コピー機能およびETERNUS SF Recovery Manager for Oracle連携することでサーバへの負荷を極力抑えたOracleデータベースの高速オンラインバックアップが可能となるほか、リカバリー時の高速リストアによりダウンタイムの短縮を実現できます。

ETERNUS SF Recovery Manager for Oracleは、Oracle Recovery Manager (RMAN)と連携し、データファイル(表領域)、制御ファイル、アーカイブログファイルの整合性を保証した状態でバックアップを取得することができます。

複雑だと言われるリカバリー操作も対話形式の画面操作でリカバリー方法を選択し、わずか2クリックで完了できます。これなら専門スキルも必要とせず、万一の際にあわてることなく安心・確実に迅速な復旧が可能です。

効果

  • アドバンスト・コピーを利用した高速オンラインバックアップにより、バックアップ時間を短縮するだけでなく、バックアップデータの鮮度を向上
  • リカバリー時の高速リストアによりダウンタイムの短縮

動作環境

サポート
ストレージ
オールフラッシュアレイ ETERNUS AF150 S3
ETERNUS AF250 S3/S2, AF250
ETERNUS AF650 S3/S2, AF650
ETERNUS DX200F
ハイブリッドストレージ
システム
ETERNUS DX60 S5/S4/S3
ETERNUS DX100 S5/S4/S3, DX200 S5/S4/S3
ETERNUS DX500 S5/S4/S3, DX600 S5/S4/S3
ETERNUS DX900 S5
ETERNUS DX8100 S3, DX8700 S3, DX8900 S4/S3
ETERNUS DX60 S2, DX80 S2, DX90 S2
ETERNUS DX400 S2 series, DX8000 S2 series
操作インターフェース DB無停止
バックアップ
ETERNUS SF AdvancedCopy Manager
Oracle Recovery
Manager 連携用
ETERNUS SF Recovery Manager for Oracle

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。なお、旧製品のお取り扱いについては弊社担当営業までお問い合わせください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS