GTM-MML4VXJ
Skip to main content

異なるRAIDグループ間のLUN連結
LUNコンカチネーション

LUNコンカチネーション(論理ボリューム連結機能)は、RAIDグループの一部または全部の未使用領域のLUNを連結して、1つの大容量論理ボリューム(LUN)として使用することができる機能です。

(注) LUNコンカチネーションは従来のRAID コンソリデーションと同等機能です。

異なるRAIDグループの未使用領域同士を連結し、新たな論理ボリューム(LUN2)を作成した例

既存のLUNに未使用領域を活性で連結し、LUN容量を拡張することができる「LUNエクスパンション機能」を提供しています。

効果

  • 装置内に分散した未使用領域のLUNを集めることで、ディスク容量を効率的に使用することができます。
  • 大容量論理ボリュームを無理のないRAID構成で提供できるため、Rebuild処理時の性能低下の抑制と故障時の可用性を向上できます。

動作環境

サポート
ストレージ
オールフラッシュアレイ ETERNUS AF250 S2/AF250
ETERNUS AF650 S2/AF650
ETERNUS DX200F
ハイブリッドストレージシステム/ディスクストレージシステム ETERNUS DX60 S4/S3
ETERNUS DX100 S4/S3, DX200 S4/S3
ETERNUS DX500 S4/S3, DX600 S4/S3
ETERNUS DX8100 S3, DX8700 S3, DX8900 S4/S3
ETERNUS DX60 S2/DX60
ETERNUS DX80 S2/DX80
ETERNUS DX90 S2/DX90
ETERNUS DX400 S2/DX400 series
ETERNUS DX8000 S2/DX8000 series
ETERNUS2000, ETERNUS4000(モデル300以上)
ETERNUS8000, ETERNUS6000
サポートサーバ 基幹IAサーバ、UNIXサーバ、PCサーバ

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS