GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. ハイブリッドストレージシステム >
  6. ETERNUS DX series >
  7. 低消費電力、高信頼・高性能なSSD(Solid State Drive)サポート

低消費電力、高信頼・高性能なSSD(Solid State Drive)サポート

SSD(Solid State Drive)と呼ばれるドライブは、データ保存部に半導体メモリを使用しており、モーターなどの可動部が存在しない事から、高速アクセス、省電力が可能となります。
半導体メモリで構成されたSSDは15,000rpmのディスクドライブと比較すると、ランダム性能が圧倒的に高く、それらの処理が高いアプリケーション(データベースなど)で使用すると大きな効果を得ることができます。
また、モーターや可動部が存在しないため、ディスクドライブと比較して高い信頼性を実現することができ、数十台のハードディスクドライブを数台のSSDに置き換えても同等の性能が得られ、大幅な省電力削減効果が得られます。

ILM(情報ライフサイクル管理)の観点では、ストレージの階層を最適化するためのSSDをTier0として利用でき、異なるサービスレベルでデータの管理が実現できます。(Tier1: オンラインディスクドライブ、Tier2: ニアラインディスクドライブ、Tier3: LTO Ultriumドライブ、アーカイブ)

ETERNUSが採用するSSDとは?

SSDはエンタープライズ向けの高性能・高信頼の要件を満たすものです。
従来のディスクドライブとの互換性を維持しつつ高速性・低消費電力を実現しています。
懸念されるフラッシュメモリの書き換え回数も誤り訂正符号(ECC)機能注1とウェアレベリング機能注2を用いることで、書き換え回数を延ばしています。
さらに、SSD内部はECCにてデータ保護を行い、高信頼性も確保しています。
また、電源オフ/停電時にはSSD内部の揮発メモリ(高速DRAMキャッシュ)のデータをフラッシュメモリに退避し、その後安全に停止させます。

(注1) ECC(Error Correcting Code ): データを呼び出すとき、元データに対する誤りを検出・訂正するために付加される冗長なデータのこと

(注2) 「ウェアレベリング機能」とはフラッシュメモリの書き換え回数の平準化を行う機能です。通常、フラッシュメモリにおいてデータの書き換えおよび消去を繰り返すとセルが劣化し、データを書き込むことができなくなります。ウェアレベリング機能は、特定のブロックのみにデータの書込み・消去が集中するといったムラをなくし、SSDとして書き換え回数による故障を回避する機能です。

動作環境

サポート
ストレージ
オールフラッシュアレイ ETERNUS AF250 S2/AF250
ETERNUS AF650 S2/AF650
ETERNUS DX200F
ハイブリッドストレージシステム/ディスクストレージシステム ETERNUS DX100 S4/S3, DX200 S4/S3
ETERNUS DX500 S4/S3, DX600 S4/S3
ETERNUS DX8100 S4/S3, DX8700 S3, DX8900 S4/S3
ETERNUS DX80 S2/DX80
ETERNUS DX90 S2/DX90
ETERNUS DX400 S2/DX400 series
ETERNUS DX8000 S2/DX8000 series
ETERNUS4000, ETERNUS8000

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS