GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. ハイブリッドストレージシステム >
  6. ETERNUS DX series >
  7. ETERNUS ハイブリッドストレージシステム / オールフラッシュアレイのリモート通報サービス

ETERNUS ハイブリッドストレージシステム / オールフラッシュアレイのリモート通報サービス

ETERNUS ハイブリッドストレージシステム/ディスクストレージシステム/オールフラッシュアレイは、システムを常に安全・確実に稼働させ、障害から守るために、リモート通報機能を標準で装備しています。リモート通報機能をご利用いただくと、トラブルの未然防止や早期発見が可能となります。 もし、万が一トラブルが発生した時にも迅速な解析と的確な対応ができ、短時間でトラブルを解決できます。そのため、システム管理者の方の負担を軽減し、システムの安定と稼働率の向上を実現します。
また、製品保証期間中の無償サービス注1も受けられますので、機器納入時にリモート通報サービスの設定をお願いいたします。

(注1) 製品保証期間中の無償サービスの対象製品については、下記「リモート通報サービスのしくみ」をご参照ください。

リモート通報サービスのしくみ

リモート通報サービスは、製品保証期間の無償サービス注2あるいはSupportDesk(有償)をご契約いただくことで利用することができます。それぞれのサービスの内容は、以下のように異なります。

(注2) 無償保証期間は出荷から3年です。

製品保証期間(出荷から3年間の無償サービス)中のETERNUS AF/ETERNUS DXの場合

対象製品 製品保証期間中の
オーフルフラッシュアレイ
ETERNUS AF series, DX200F

ハイブリッドストレージシステム/ディスクストレージシステム
ETERNUS DX series
コール
受付時間
平日 9時~17時
(注)平日:月曜日~金曜日(祝日および12月30日から1月3日をのぞく)
修理の出動 ご依頼日の弊社翌営業日以降 9時~17時

ハードウェアの障害予兆・異常が発生した場合に、E-mailにてお客様へご連絡します。ハードウェアの点検・修理をご利用になる場合は、ハードウェア修理相談センターにご連絡が必要となります。

なお、製品保証期間後にリモート通報サービスをご利用いただくためには、SupportDeskのご契約が必要となります。契約手続きについては、弊社担当営業までご相談ください。

SupportDesk(有償) をご契約いただいた場合

対象製品 ETERNUS ハイブリッドストレージシステム/ディスクストレージシステム, オールフラッシュアレイ
(注)詳細についてはお問い合わせください。
コール
受付時間
24時間365日または平日 8時30分~19時 (ご契約のサービス時間帯により異なります)
修理の出動 ご依頼日当日内

ハードウェアの障害予兆・異常が発生した場合に、電話やE-mailにてお客様へご連絡を差し上げると同時に、富士通サポートセンターにて通報内容を解析し、必要に応じて弊社保守技術者がハードウェアの点検・修理のために訪問します。

SupportDeskをご契約いただきますと、製品保証期間の場合と比べると、コール受付時間・修理の出動が向上します。ETERNUS ハイブリッドストレージシステム/ディスクストレージシステム/オールフラッシュアレイを安心してご利用いただくためにSupportDeskをご契約されることをおすすめします。
サービス内容などの詳細につきましては、「基本サービス SupportDesk Standard」をご覧下さい。

注:メインフレーム(GSシリーズ/PRIMEFORCE)に接続する場合は「ハードウェア保守サービス」での対応となります。

リモート通報サービスの効果

システムダウンを未然に防止し、システム稼働率を向上させます

  • ハードウェア障害の予兆情報が富士通サポートセンターへ通知され、事前に適切な対処を実施できます。
  • 装置の異常監視は装置が自動的に行い通報を行うため、お客様による装置異常監視や連絡は不要です。

ハードウェア障害復旧時間を短縮します

  • ハードウェアの異常は発生と同時に富士通サポートセンターへ通知され、直ちに障害復旧を開始します。
  • 装置の修理に必要な情報は自動的に通報されますので、お客様による異常発生時の情報収集が大幅に軽減されます。

ETERNUS AF250 S2/AF250,
ETERNUS DX60 S4/S3, DX100 S4/S3, DX200 S4/S3 の場合

リモート通報 通知内容 効果
予兆通知 ・コントローラー
・システムメモリ(キャッシュメモリ)
・ディスクドライブ、SSD注1
・バッテリー有効期限警告注2
・SASエクスパンダー
・吸気温度の異常
・排気温度の異常
・温度センサーの故障
・放置するとダウンにつながるエラーを、発生前に検知して通報します。
・トラブルを未然に防ぎます。
異常通知 ・コントローラーの異常
・システムメモリ(キャッシュメモリ)の異常
・SCU(電気二重層コンデンサユニット)の異常注3
・バッテリーの異常注2
・ホストインターフェースとポートおよびSFPモジュールの異常
・ドライブインターフェースおよびポートの異常
・SASエクスパンダーおよびポートの異常
・ディスクドライブ、SSD注1の異常
・電源の異常
・トラブル発生時に、エラー情報を通報します。
・迅速な解析と的確な対応を行います。

(注1) SSDについては、ETERNUS DX60 S4/S3除く
(注2) ETERNUS AF250 S2, ETERNUS DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4のみ
(注3) ETERNUS AF250, ETERNUS DX60 S3, DX100 S3, DX200S3のみ
(補足) 上記以外の製品の通知内容に関しては、弊社担当営業までお問い合わせください。

ETERNUS AF650 S2/AF650, ETERNUS DX500 S4/S3, DX600 S4/S3,
DX8100 S3, DX8700 S3, DX8900 S4/S3 の場合

リモート通報 通知内容 効果
予兆通知 ・コントローラー
・システムメモリ(キャッシュメモリ)
・ディスクドライブ、SSD
・バッテリー有効期限警告
・SASエクスパンダー
・FRT(Front-end Router)注4
・吸気温度の異常
・排気温度の異常
・温度センサーの故障
・放置するとダウンにつながるエラーを、発生前に検知して通報します。
・トラブルを未然に防ぎます。
異常通知 ・コントローラー
・システムメモリ(キャッシュメモリ)の異常
・ドライブインターフェースの異常
・ディスクドライブ、SSDの異常
・電源の異常
・バッテリーの異常
・SASエクスパンダーおよびポートの異常
・FRT(Front-end Router)の異常注4
・SVC(Service Controller)の異常注4
・FAN Unit
・トラブル発生時に、エラー情報を通報します。
・迅速な解析と的確な対応を行います。

(注4) ETERNUS DX8700 S3, DX8900 S4/S3のみ
(補足) 上記以外の製品の通知内容に関しては、弊社担当営業までお問い合わせください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS