GTM-MML4VXJ
Skip to main content

アドバンスト・コピー機能 OPCの仕組み

OPC (One Point Copy)は、ある時点の業務ボリュームの全データを高速に複製ボリュームにコピーする機能です。
複製ボリュームは業務ボリュームと常に切り離された状態であるため、ECの同期化作業とは異なり、業務ボリューム上に更新があった場合でも複製ボリュームには反映されません。従って、OPCの開始を指示した時点の業務ボリュームのデータを、業務と並行してテープ装置へバックアップすることができます。

ただし、次のバックアップを採取するために、更新分をコピーするには最初から全面コピーとなります。更新分のみをコピーする方式としてはQuickOPC(注1)を提供しています。

適用業務

  • バッチ処理等の負荷の高い処理の前後含めてさまざまシーンで使用
  • バックアップの作成
  • システムテスト用のレプリカデータ作成
  • バックアップの復元(コピー元のドライブ故障時の、ドライブ交換後のリストア)

効果

  • 高速にバックアップを作成し、業務の影響を最小限に抑えます。

動作環境

サポート
ストレージ
オールフラッシュアレイ ETERNUS AF150 S3
ETERNUS AF250 S3/S2, AF250
ETERNUS AF650 S3/S2, AF650
ETERNUS DX200F
ハイブリッドストレージ
システム
ETERNUS DX60 S5/S4/S3
ETERNUS DX100 S5/S4/S3, DX200 S5/S4/S3
ETERNUS DX500 S5/S4/S3, DX600 S5/S4/S3
ETERNUS DX900 S5
ETERNUS DX8100 S4/S3, DX8700 S3, DX8900 S4/S3
ETERNUS DX60 S2, DX80 S2, DX90 S2
ETERNUS DX400 S2 series, DX8000 S2 series
サポートサーバ メインフレーム(GS21), 基幹IAサーバ, UNIXサーバ, PCサーバ
操作インターフェース メイン
フレーム
(GS21)
Systemwalker StorageMGR GR/CF
基幹IAサーバ
UNIXサーバ
PCサーバ
ETERNUS SF AdvancedCopy Manager

(注1) QuickOPCは基幹IA/UNIX/PCサーバのみサポート

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。なお、旧製品のお取り扱いについては弊社担当営業までお問い合わせください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS