GTM-MML4VXJ
Skip to main content

データ復旧と冗長性回復
リビルド・コピーバック機能

リビルド・コピーバックは、ドライブ故障が発生し、RAIDグループが冗長性のない状態になった場合でも、バックグラウンドで正常な状態に戻す処理を行う機能です。ホットスペアが登録されている場合は、自動的にホットスペアにリビルドを行い、データの冗長性を回復します。また、故障ドライブを交換した後にホットスペアから新しいドライブへ自動的にデータをコピーバックします(注1)。

(注1) ETERNUS AFおよびETERNUS DXではリビルド完了後、コピーバックを行う/行わないは設定によって変更できます。デフォルト設定では、RAIDグループの構成ドライブ(故障ドライブ)とホットスペアが入れ替わり、コピーバックは行いません(コピーバックレス)。

リビルド・コピーバック機能の図

効果

  • ディスク故障時に故障ディスクのデータを復旧し,冗長性を回復

動作環境

サポート
ストレージ
オールフラッシュアレイ ETERNUS AF150 S3
ETERNUS AF250 S3/S2, AF250
ETERNUS AF650 S3/S2, AF650
ETERNUS DX200F
ハイブリッドストレージ
システム
ETERNUS DX60 S5/S4/S3
ETERNUS DX100 S5/S4/S3, DX200 S5/S4/S3
ETERNUS DX500 S5/S4/S3, DX600 S5/S4/S3
ETERNUS DX900 S5
ETERNUS DX8100 S4/S3, DX8700 S3, DX8900 S4/S3
ETERNUS DX60 S2, DX80 S2, DX90 S2
ETERNUS DX400 S2 series, DX8000 S2 series

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。なお、旧製品のお取り扱いについては弊社担当営業までお問い合わせください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS