GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. ハイブリッドストレージシステム >
  6. ETERNUS DX series >
  7. アーカイブ、ディスク to ディスクのバックアップに最適なニアラインディスクドライブ

アーカイブ、ディスク to ディスクのバックアップに最適なニアラインディスクドライブ

データそのものの使用頻度をみると、よく使用されるものと、あまり使用されないものに大別できます。
使用頻度の高いものや、高速なアクセスを要するものは高性能なストレージへ管理する必要がありますが、使用頻度の低いものをこのようなストレージで管理していたのではコストが膨らむばかりです。そこで、使用頻度の低いものも「大容量で低コストのストレージで管理」したいという要求にこたえるため、ETERNUS DXは、『大容量かつ、高信頼で低価格なニアラインディスクドライブ』の搭載を可能にしました。
ETERNUS DXの筐体内に、オンライン用のディスクドライブとニアライン用のディスクドライブの混在搭載を可能にしたことで、次のような用途に有効活用していただけます。

ニアラインディスクドライブを用いた構成例

ディスク to ディスクのバックアップ先として

ディスク to ディスクのバックアップ運用で使用されるバックアップボリュームは テープへバックアップするまでの一次保存用や、万一の高速リカバリー用として、複数世代管理するのが一般的です。このような大容量バックアップ用途に最適なのが 大容量かつ、高信頼で低価格なニアラインディスクドライブです。

ETERNUS DXのアドバンスト・コピー機能を利用して高速かつ コストパフォーマンスに優れるバックアップ環境を提供します。また、更新された箇所のみをコピーする「Quick OPC」がありますので、実コピー時間を短縮することが可能です。

参照用データの保存先として

Eメール、映像・画像・音声、CAD、研究開発といったデータや、e-文書法などに対応した保存用のデータは、頻繁にはアクセスされないが、必要な時にス ムーズに参照したいデータであると言えます。しかもこのようなデータ種は急速に増加しているのに加えて、長期間の保存も必要となりますので、コストパフォーマンスに優れるニアラインディスクドライブへの保存が最適です。

動作環境

ニアラインディスクドライブ搭載可能製品 ETERNUS DX60 S5/S4/S3
ETERNUS DX100 S5/S4/S3, DX200 S5/S4/S3
ETERNUS DX500 S5/S4/S3, DX600 S5/S4/S3
ETERNUS DX900 S5
ETERNUS DX8100 S3, DX8700 S3, DX8900 S4/S3
ETERNUS DX60 S2, DX80 S2, DX90 S2
ETERNUS DX400 S2 series, DX8000 S2 series
サポートサーバ 基幹IAサーバ、UNIXサーバ、PCサーバ
必須ソフトウェア
(Disk to Diskのバックアップ時)
ETERNUS SF AdvancedCopy Manager

(注) ニアラインディスクドライブ種については、各製品の仕様・諸元を参照

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。なお、旧製品のお取り扱いについては弊社担当営業までお問い合わせください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS