GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. ハイブリッドストレージシステム >
  6. ETERNUS DX series >
  7. パス冗長化によるシステム無停止の実現 ETERNUS Multipath Driver

パス冗長化によるシステム無停止の実現
ETERNUS Multipath Driver

ETERNUS Multipath Driverは、一つのサーバから複数パスを使用し、シングルシステムにおける連続運転およびシステム性能を向上します。

このドライバは、サーバとストレージ間の物理的なアクセスパスを多重化した構成で、パス故障時にも、ストレージへのアクセスを継続させるソフトウェアです。LUN毎に運用パスと待機パスの設定が可能です。
また、ロードバランス機能はサーバとストレージ間の物理的なアクセスパスを多重化し、多重パス同時使用によるパスのロードバランス(I/Oの負荷分散)を行い、システム性能を向上させます。

ETERNUS Multipath Driver

効果

  • パス故障時のアクセスの継続(フェイルオーバ)
    1台のサーバからストレージ間のパスを多重化、運用パスでの障害発生時、待機パス側で運用続行
  • 負荷分散によるシステム性能の向上(ロードバランス)
    多重パス同時使用によるアクセスパスを分散させることでパスボトルネックを解消しシステム性能を向上させます。

動作環境

ETERNUS Multipath Driverの動作環境、サポート機種については、ETERNUS Multipath Driverの製品情報を参照願います。

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS