GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Storage ETERNUS SF Storage Cruiser 16

ストレージシステム統合管理ソフトウェア

概要

ETERNUS SF Storage Cruiserは、ETERNUSを核としたストレージ環境を総合的に管理することで、ストレージシステムの安定運用を支えます。SANストレージやNASストレージをはじめ、サーバやスイッチ、テープ装置などストレージシステムを 構築する幅広い装置を対象とすることで、日々変化を続けるストレージシステムを一元管理し、運用コストの削減に貢献します。

標準価格:41万円(税別)より (注)

(注) 標準価格にはメディアパックが含まれています。

注意事項

垂直統合・仮想化・クラウド基盤 FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Cloud

特長・機能

安全なストレージ設計構築

サーバでボリュームを利用するために必要な操作(ボリューム作成、サーバへの割り当て、バックアップ・リストア)を一つの画面から、簡単に実行できます。必要最低限の情報を入力するだけで、安全かつ確実に整合性を保ちながら設計構築することができます。

多様なストレージリソースの可視化

ダッシュボードで監視したい情報をまとめて表示し、ストレージシステムの状況や問題点を素早く把握できます。さらに、問題箇所は詳細情報で装置間の接続関係や、性能グラフ、サーバとストレージの関係管理など、詳しく確認できるため、導入/構成変更作業やトラブル調査を、迅速かつ的確に把握できます。
ストレージ、ファイバチャネルスイッチ、物理サーバ、Hyper-VやVMwareなどの仮想サーバに至るまでストレージシステムの構成物を統合的に管理することができます。

性能ボトルネックの把握

ETERNUS AF series/ETERNUS DX seriesやファイバチャネルスイッチの性能情報をグラフ表示することで、業務要件に求められるI/O性能に対する最適化に必要な情報を提供します。
また、装置やボリュームにしきい値を設定し、監視することができるため、業務に影響する前に性能問題を把握し、対処することが可能です。きめ細やかな性能情報とわかりやすい管理画面により、ストレージシステムの安定運用を支援します。

VMware環境のストレージ運用を簡易化(VVOL注1

ポリシーベースのストレージ管理により、vCenterの画面から簡単に仮想マシンにボリュームを割り当てることができます。仮想マシン作成やボリューム追加時に、性能、QoS優先度などのストレージ要件を設定したポリシーを指定するだけで、ストレージ設定作業が不要になりVMware管理者の運用負荷を軽減します。
また、仮想マシン単位のボリューム管理により、仮想マシン毎のI/O性能のグラフ表示/閾値監視が可能となり、性能問題を未然に防ぐことができます。

(注1)VVOLはVMwareから提供される新しいストレージテクノロジーでVMDK単位にストレージのボリュームを割り当てることができます。VVOLを使用するためには、本機能に対応したvSphereが必要です。

ストレージリソースの効率利用と運用コストを削減する
仮想ストレージプール管理

仮想ストレージプール作成からサーバへのボリューム割り当てまでの一連の設定を直感的なウィザードで簡単に行うことができます。仮想ストレージプールの利用状況は、しきい値監視機能を備えた容量監視画面で確認することができます。必要最低限の物理ディスク容量でスモールスタートし、業務を止めることなく、必要な時に必要なだけ、ディスクを増設することができます。また、業務追加や繁忙期が異なる業務を混在運用する場合でも、ストレージ自動階層制御注1、QoS(Quality of Service)自動化注2と組み合わせることで、長期安定稼働とコスト最適化が図れます

(注1)ETERNUS SF Storage Cruiser Optimizationオプションが必要です。

(注2)ETERNUS SF Storage Cruiser QoS Managementオプションが必要です。

SAN/NAS環境の統合管理

ユニファイドストレージは、1台のストレージをSANとNASで共有することができ、運用管理の簡易化とリソースの有効利用を実現します。データベースなど高性能なアクセスに適したSANインタフェースとファイルサーバに適したNASインタフェースが混在した環境で、用途にあった使い分けをしながら導入設定から構成管理、性能管理、障害管理を統一されたビューで操作し、効率的な運用管理をすることができます。

ストレージ省電力運用の「見える化」

必要なときだけディスクを回転させるETERNUS DX seriesの「エコモード」を業務と連携して運用したり、ストレージ消費電力、温度の推移を可視化し効果を確認することができ、ストレージ省電力運用を効率的に支援します。

ストレージ統合の課題を解決するリソース最適化ソフトウェア

仮想化、クラウド、ビッグデータとストレージシステムは、様々な要件のデータが混在しています。さらに、データは爆発的に増え続けるなか、リソースを効率的に使用しハードウェア費用や運用管理のコストを削減することが重要な課題となっています。ETERNUS SF Storage Cruiserのストレージ自動階層制御とQoS自動化は、要件に応じた効率的なリソース配分により、多様な業務データのストレージ集約を可能にし、投資コスト最適化と運用管理コストの削減を実現します。

動作環境

本製品の旧バージョンにつきましては、今までに発表した製品にてご確認できますがアーキテクチャ、OSのエディション、ソフトウェアのバージョンレベルによってサポート範囲、動作条件が異なります。詳細条件等、サポートOSの詳細につきましては、弊社担当営業または弊社パートナーまでお問い合わせください。

INDEX

Manager

OS種別 対象OS
Windows Microsoft® Windows Server® 2016
Microsoft® Windows Server® 2012 R2
Microsoft® Windows Server® 2012
Microsoft® Windows Server® 2008 R2
Microsoft® Windows Server® 2008
Solaris Oracle Solaris 11
Oracle Solaris 10
Linux Red Hat® Enterprise Linux® 7
Red Hat® Enterprise Linux® 6
Red Hat® Enterprise Linux® 5
サーバ仮想化ソフトウェア VMware vSphere® 6.7注1
VMware vSphere® 6.5注1
VMware vSphere® 6.0注1
VMware vSphere® 5.5注1
VMware vSphere® 5.1注1
VMware vSphere® 5注1
Microsoft® Windows Server® 2016 Hyper-V 
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2012 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Hyper-V
Oracle VM Server for SPARC
Oracle Solaris Containers
KVM on RHEL7
KVM on RHEL6

(注1)管理対象とすることが可能です。サポート機能と詳細につきましては、弊社担当営業または弊社パートナーまでお問い合わせください。

Agent

OS種別 対象OS
Windows Microsoft® Windows Server® 2016
Microsoft® Windows Server® 2012 R2
Microsoft® Windows Server® 2012
Microsoft® Windows Server® 2008 R2
Microsoft® Windows Server® 2008
Solaris Oracle Solaris 11
Oracle Solaris 10
Linux Red Hat® Enterprise Linux® 7
Red Hat® Enterprise Linux® 6
Red Hat® Enterprise Linux® 5
SUSE Linux Enterprise Server 12 Service Pack 1 for AMD64 & Intel64
HP-UX HP-UX 11i v3
AIX AIX 7.1
AIX 6.1

サポート装置

製品名 サポート装置
オールフラッシュ ETERNUS AF250 S2/AF250
ETERNUS AF650 S2/AF650
ETERNUS DX200F
ETERNUS NR1000A series
ハイブリッドストレージシステム/
ディスクストレージシステム
ETERNUS DX60 S4/S3/S2, DX60
ETERNUS DX100 S4/S3
ETERNUS DX200 S4/S3
ETERNUS DX500 S4/S3
ETERNUS DX600 S4/S3
ETERNUS DX8700 S3/S2, DX8700
ETERNUS DX8900 S4/S3
ETERNUS DX80 S2, DX90 S2
ETERNUS DX410 S2/DX410
ETERNUS DX440 S2/DX440
ETERNUS DX8100 S2/DX8100, DX8400
ETERNUS TR series
ETERNUS NR1000F series
ETERNUS NR1000V series
光ディスクライブラリ ETERNUS DA700
重複排除技術搭載ストレージ ETERNUS CS800 S7/S6/S5/S4
ストレージ仮想化アプライアンス ETERNUS VS850 S3/S2
ファイバチャネルスイッチ ETERNUS SN200 series
Brocade series
コンバージドスイッチ PRIMERGY コンバージドスイッチブレード
CFX2000 series
PRIMERGYコンバージドファブリックスイッチブレード(10Gbps 18/8 + 2)
ExtremeSwitching VDX series
テープシステム ETERNUS LT20 S2/LT20
ETERNUS LT40 S2/LT40
ETERNUS LT60 S2
ETERNUS LT250, LT260
ETERNUS LT270 S2/LT270
ETERNUS CS2000

(補足)ソフトウェアのバージョンレベルによってサポートする装置、動作条件が異なります。詳細条件等、サポート装置の詳細につきましては、弊社担当営業または弊社パートナーまでお問い合わせください。

製品組み合わせ対応表

資料名
ストレージ管理ソフトウェア 対応装置一覧表 ETERNUS ディスクストレージシステム編 (130 KB)
ストレージ管理ソフトウェア 対応装置一覧表 スイッチ編 (251 KB)

推奨適用パターン

ETERNUS SF 商品との組み合わせによる効果
組み合わせ商品 組み合わせによる効果
ETERNUS SF Storage Cruiser
ETERNUS SF Storage Cruiser Optimization オプション
異なる種類のドライブを混在搭載した環境で、データのアクセス集中度に応じた配置を自動的に行い、性能と保管コストを最適化するストレージ自動階層制御が利用できます。
ETERNUS SF Storage Cruiser
ETERNUS SF Storage Cruiser QoS Management オプション
または、ETERNUS SF Storage Cruiser ストレージ統合管理パック
業務の要件に応じたリソース配分を自動的に行い、業務レスポンスの安定と運用管理コスト削減を実現するQoS自動化機能を利用することができます。
ETERNUS SF Storage Cruiser
ETERNUS SF Storage Cruiser Optimization オプション
ETERNUS SF Storage Cruiser QoS Management オプション
または、ETERNUS SF Storage Cruiser ストレージ統合管理パック Advanced
業務の要件に応じたリソース配分を自動的に行い、業務レスポンスの安定と運用管理コスト削減を実現するQoS自動化機能を利用することができます。さらに、自動階層制御と組み合わせることで、自動リソース配分で目標性能に達しなかった場合に、データを自動的に再配置して目標性能に近づけます。
ETERNUS SF Storage Cruiser
ETERNUS SF Storage Cruiser Storage Cluster オプション
ストレージ装置間で、データミラーリングとI/Oアクセス先の透過的な自動切換えで業務継続性を向上させます。
ETERNUS SF Storage Cruiser
ETERNUS SF AdvancedCopy Manager
AdvancedCopy Managerと連携して、バックアップ先ディスクの回転を制御することにより、ストレージの消費電力を削減します。
ETERNUS SF Storage Cruiser
Systemwalker ServiceQuality Coodinator
Systemwalker Service Quality Coordinatorと組み合わせることにより、ETERNUS SF Storage Cruiserで収集した性能情報をより多角的に分析することができ、システムとしての性能管理を効率的に実施することができます。

カタログ・技術資料

カタログ

資料名 版数
ETERNUS SF 総合カタログ (4.32 MB ) 2018年10月版


製品組み合わせ対応表

資料名 版数
ETERNUS SF Storage Cruiser 対応装置一覧表 ETERNUS ディスクストレージシステム編 (130 KB) 2019年4月 第24版
ETERNUS SF Storage Cruiser 対応装置一覧表 スイッチ編 (251 KB) 2019年4月 第6.1版


ETERNUS SF Storage Cruiserに関するその他の資料

ダウンロード

設定ツール

ツール名 概要
ETERNUS VASA Provider 弊社製ETERNUS DX seriesおよびETERNUS AF seriesでVMware社が提供する VMware vSphere Storage APIs for Storage Awareness(VASA)をサポートするためのプログラム。本プログラムを使用することで、ETERNUSをVASAに対応させることができます。ダウンロードは無料です。
Fujitsu ETERNUS Storage Systems Monitoring Pack Fujitsu ETERNUS Storage Systems Monitoring Pack (以下、管理パック) は、Microsoft® System Center Operations Manager(以下、SCOM)において、ETERNUS DX seriesおよびETERNUS AF seriesを監視するための富士通の管理パックファイル (無償) です。
本管理パックをSCOMに適用し、かつ同時に提供しているETERNUS Information Provider (無償) をETERNUS SF Storage Cruiser (有償) に適用することで、SCOMにおいてETERNUSを監視することができます。

導入事例


株式会社中央コンピュータシステム 様
プライベートクラウド基盤に「ETERNUS DX series×VVOL」を導入
仮想マシン単位のストレージ運用を実現し仮想化環境の運用を改善

サミー株式会社 様
5社のベンチマークテストでETERNUSのポテンシャルの高さに衝撃
レスポンスタイムは1ミリ秒以下、業務のスピードアップに貢献

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 様、シーティーシー・テクノロジー株式会社 様
CTCのテクニカルソリューションセンターでETERNUSの接続性や操作性を検証。ポートフォリオを強化しお客様の様々なニーズにより一層応えていく

株式会社ダイフク 様
SSDを使ったストレージ自動階層制御で性能向上とコスト抑制を両立
グローバルビジネスの変化に柔軟に応える基幹システムに刷新

横河電機株式会社 様
グローバルICT基盤を担う統合ストレージにETERNUS DX8700を導入
10年分のデータを蓄積、自動階層制御で運用の効率化、データ活用を促進

ヨーロッパ南天天文台(European Southern Observatory)様
宇宙望遠鏡の観測データの提供基盤として優れた性能と費用対効果の面でETERNUS DXを採用


ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS