GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. ハイブリッドストレージシステム >
  6. ETERNUS NR1000F series >
  7. 二重ディスク障害時にもシステムダウンすることなく連続運用が可能 RAID-DP™ (レイド-ダブルパリティ)

二重ディスク障害時にもシステムダウンすることなく連続運用が可能
RAID-DP™ (レイド-ダブルパリティ)

目的・用途

同一RAIDグループ内で同時に2個のディスクドライブが故障するなどの極めてまれな事態に備えるため、ダブルパリティ方式があります。この方式は、従来のRAID4グループにさらに対角線のグループを見るパリティドライブを追加します。
これにより同一RAIDグループ内で同時に2個のディスクドライブが故障してもデータ修復が可能となります。
なお、RAID-DPはRAID6の実装の一つです。

レイド-ダブルパリティ

効果

  • 万が一、同一RAIDグループで同時に2個のディスクドライブが故障してもデータ保護が可能です。
  • RAID4の信頼性をさらに向上させることができます。

動作環境

サポートストレージ ETERNUS NR1000F series
ETERNUS NR1000A series
OS Data ONTAP® 6.5以降

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS