GTM-MML4VXJ
Skip to main content

サーバ間の高速データ転送
XL-DATA/MV (ETERNUS SF XL-DATA/MV)

XL-DATA/MVは、SAN環境下におけるストレージを中継媒体としてサーバ間で大量データの高速ファイル転送を実現します。
図には各サーバのローカルディスク上に転送対象のデータ(ファイル)がありますが、ストレージ上にあっても構いません。LANでのFTPデータ転送速度、LAN負荷などでお困りの方にストレージとセットで本ソフトウェアをお勧めします。
また、ストレージと本ソフトウェアをセゾン情報システムズ様提供のファイル転送ツールの「HULFT-SAN」 もしくは弊社から提供しているLinkexpressと組み合わせることで、SAN(Storage Area Network)環境化で高速ファイル転送とジョブスケジュールなどの様々な機能を実現します。

XL-DATA/MV イメージ図

効果

  • SANのファイバチャネルを利用するファイル転送であるためデータ転送が高速です。
    具体的には、メインフレームと基幹IA/UNIX/PCサーバ間で1Gバイトのデータを転送する場合、100M-LAN使用時では11分程度掛かりますが、XL-DATA/MVを使用するとおおよそ2分と、約5倍の転送性能を発揮します。
    基幹IA/UNIX/PCサーバと基幹IA/UNIX/PCサーバ間では、同様に1Gバイトのデータ転送に100M-LAN使用時では3分程度かかりますが、ETERNUS SF XL-DATA/MVは最短で20秒と約9倍の転送能力を発揮します。
  • LANではなく、SANにてファイル転送を行っているため、ファイル転送処理のLAN負荷はありません。
  • ストレージを使用したファイル転送のため、FTPと比較してサーバのCPU使用量を1/6以下に削減できます

動作環境

サポート
ストレージ
基幹IA/UNIX/
PCサーバと
基幹IA/UNIX/
PCサーバ間
ETERNUS AF250/AF650 オールフラッシュアレイ
ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ
ETERNUS DX60 S4/S3/S2, DX60
ETERNUS DX100 S4/S3, DX200 S4/S3
ETERNUS DX500 S4/S3, DX600 S4/S3
ETERNUS DX8100 S3, DX8700 S3, DX8900 S4/S3
ETERNUS DX80 S2, DX90 S2
ETERNUS DX400/DX400 S2 series
ETERNUS DX8000/DX8000 S2 series
メインフレームと基幹IA/UNIX/
PCサーバ間
ETERNUS DX8100 S3, DX8700 S3
ETERNUS DX8000 S2/DX8000 series
ETERNUS8000, ETERNUS6000, GR800 series
必須ソフトウェア 基幹IA/
UNIX/PCサーバ
ETERNUS SF XL-DATA/MV
メインフレーム XL-DATA/MV

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS