GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Storage ETERNUS SF AdvancedCopy Manager 16

高速バックアップ・レプリケーションを提供するソフトウェア

概要

コンプライアンスや事業継続の観点からデータの重要性は一層高まっています。また、仮想化環境の普及によりバックアップ運用が煩雑化しています。さらに企業の社会的責任としての環境保護への対応が解決すべき課題になっています。
ETERNUS SF AdvancedCopy Managerは、仮想化、グリーンICTに対応した高速バックアップ/リストア、レプリケーション機能により、膨大なデータを効率よく確実・簡単にバックアップするソリューションを提供し、24時間365日の連続運用を実現します。

標準価格:51万円(税別)より (注)

(注) 標準価格にはメディアパックが含まれています。


注意事項

特長・機能

サーバ仮想化環境の複数ゲストOSを高速で一括バックアップ

Hyper-VのCluster Shared Volume(CSV)やVMwareのVMFSなど、サーバ仮想化環境の仮想マシン資源を一括で高速にバックアップし、バックアップしたデータは、複数世代保管することができます。リストアの際は仮想マシン単位でリストアすることができます。さらに、ETERNUS SF TSMなどのバックアップソフトウェアと組み合わせることで、Disk-to-Disk-to-Tapeバックアップ運用も可能で、確実なデータ保護と保管コストの最適化を実現します。

また、運用ポリシーの組み合わせにより、柔軟にスナップショットを作成できます。運用に合わせて必要なタイミングでスナップショットを作成できるため、運用管理コスト、保管コストを最適化することができます。

SAN/NAS統合バックアップ

ETERNUS DX S4/S3 series ユニファイドストレージにおいてSAN環境もNAS環境のバックアップも統合管理できます。

VMware環境のバックアップ運用の簡易化

スケジュール、世代数などのVVOL注2はバックアップポリシーを設定することで、バックアップを自動運用することができます。スナップショットに加え、クローンも自動生成されるため、万が一の物理故障時も迅速な復旧が可能になります。

また、スナップショット処理をサーバーからストレージにオフロードすることで、サーバ側の負荷を軽減し、システム全体の性能が向上します。
リストアに関しては、仮想マシン単位のリストアに加え、GUIから簡単にファイル単位でリストアすることもできます。

(注2)VVOLはVMwareから提供される予定の新しいストレージテクノロジーでVMDK単位にストレージのボリュームを割り当てることができます。VVOLを使用するためには、本機能に対応したvSphereが必要です。

アプリケーションと連携した業務無停止のバックアップ

Oracle、Symfoware、Microsoft Exchange Server、Microsoft SQL Server、DB2のバックアップ機能と連携し、業務を停止することなくバックアップできるため、24時間365日の連続稼働が実現可能です。

アプリケーション連携運用の簡易化

Exchange Server、SQL Serverのバックアップ環境がウィザード形式の簡単な操作で構築でき、作業時間が短縮できます。リストア注1では、バックアップ時の情報を基に安全で確実なリストアの実行が可能です。また、ETERNUS SFのスケジューラーにウィザードで生成したバックアップスクリプトを登録することで、定期的なバックアップ運用が可能です。

(注1) Exchange Serverの場合は、ETERNUS SF AdvancedCopy Manager for Exchange Serverで提供致します。SQL Serverの場合は、ETERNUS SF AdvancedCopy Manager for Microsoft SQL Serverで提供致します。

ディザスターリカバリーソリューションの提供

ETERNUS AF series/ETERNUS DX series装置間でリモートコピーを行い、遠隔地にデータを複製・保管し、災害時のデータ損失を最小限に抑えます。また、迅速なデータ復旧によりビジネス継続性をサポートします。

VMware連携により仮想環境のビジネス継続性を向上

VMwareの災害対策ソリューションであるVMware vCenter Site Recovery Managerと連携し、ETERNUS AF series/ETERNUS DX seriesを制御することで、業務に負荷をかけない同期のとれた安全なストレージレプリケーションによるサイト間のコピーを実現し、信頼性の高い災害対策が可能です。

省電力バックアップ

バックアップ時だけバックアップ先のディスクを回転させることで、ストレージの消費電力を削減します。
さらに、ETERNUS DX S4/S3 seriesではディスクへの電源供給を停止して電力消費量を削減することができます。また、ETERNUS SF Storage Cruiserと組み合わせることで、消費電力と温度を可視化し、省電力効果を確認できます。
例えば、ETERNUS DX600 S4では、使用しない時間帯はディスクへので電源供給を停止し、HDDの消費電力をゼロにするエコモード運用により、消費電力を最大約20%、年間CO2排出量を最大約3,000kg削減できます。注3

(注3)600GBディスク×72本と1TBディスク×132本を常時稼働させた場合と、そのうち1TBディスクのみ1日20時間停止させた場合の当社比

動作環境

本製品の旧バージョンにつきましては、今までに発表した製品にてご確認できますがアーキテクチャ、OSのエディション、ソフトウェアのバージョンレベルによってサポート範囲、動作条件が異なります。詳細条件等、サポートOSの詳細につきましては、弊社担当営業または弊社パートナーまでお問い合わせください。

INDEX

Manager

OS種別 対象OS
Windows Microsoft® Windows Server® 2019
Microsoft® Windows Server® 2016
Microsoft® Windows Server® 2012 R2
Microsoft® Windows Server® 2012
Solaris Oracle Solaris 11
Oracle Solaris 10
Linux Red Hat® Enterprise Linux® 8
Red Hat® Enterprise Linux® 7
Red Hat® Enterprise Linux® 6
サーバ仮想化ソフトウェア VMware vSphere® 6.7
VMware vSphere® 6.5
VMware vSphere® 6.0
Microsoft® Windows Server® 2019 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2016 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2012 Hyper-V
Oracle VM Server for SPARC
Oracle Solaris Containers
KVM on RHEL8
KVM on RHEL7
KVM on RHEL6


Agent

OS種別 対象OS
Windows Microsoft® Windows Server® 2019
Microsoft® Windows Server® 2016
Microsoft® Windows Server® 2012 R2
Microsoft® Windows Server® 2012
Solaris Oracle Solaris 11
Oracle Solaris 10
Linux Red Hat® Enterprise Linux® 8
Red Hat® Enterprise Linux® 7
Red Hat® Enterprise Linux® 6
SUSE® Linux Enterprise Server 15 for AMD64 & Intel64
SUSE® Linux Enterprise Server 12 Service Pack 4 for AMD64 & Intel64
HP-UX HP-UX 11i v3
AIX AIX 7.1
サーバ仮想化ソフトウェア VMware vSphere® 6.7注1
VMware vSphere® 6.5注1
VMware vSphere® 6.0注1
Microsoft® Windows Server® 2019 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2016 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2012 Hyper-V
Oracle VM Server for SPARC
Oracle Solaris Containers
KVM on RHEL8
KVM on RHEL7
KVM on RHEL6

(注1) ゲストOSを格納するデータストアをバックアップ対象とすることが可能です。詳細につきましては、弊社担当営業または弊社パートナーまでお問い合わせください。

CCM

OS種別 対象OS
Windows Microsoft® Windows Server® 2019
Microsoft® Windows Server® 2016
Microsoft® Windows Server® 2012 R2
Microsoft® Windows Server® 2012
Solaris Oracle Solaris 11
Oracle Solaris 10
Linux Red Hat® Enterprise Linux® 8
Red Hat® Enterprise Linux® 7
Red Hat® Enterprise Linux® 6
サーバ仮想化ソフトウェア VMware vSphere® 6.7注1
VMware vSphere® 6.5注1
VMware vSphere® 6.0注1
Microsoft® Windows Server® 2019 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2016 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2012 Hyper-V
Oracle VM Server for SPARC

(注1) ゲストOSを格納するデータストアをバックアップ対象とすることが可能です。詳細につきましては、弊社担当営業または弊社パートナーまでお問い合わせください。

サポート装置

製品名 サポート装置
オールフラッシュ ETERNUS AF150 S3
ETERNUS AF250 S3/S2, AF250
ETERNUS AF650 S3/S2, AF650
ETERNUS DX200F
ハイブリッドストレージシステム ETERNUS DX60 S5/S4/S3/S2
ETERNUS DX100 S5/S4/S3
ETERNUS DX200 S5/S4/S3
ETERNUS DX500 S5/S4/S3
ETERNUS DX600 S5/S4/S3
ETERNUS DX900 S5
ETERNUS DX8700 S3/S2
ETERNUS DX8900 S4/S3
ETERNUS DX80 S2, DX90 S2
ETERNUS DX410 S2
ETERNUS DX440 S2
ETERNUS DX8100 S2

(補足)バージョンレベルによってサポートする装置が異なりますので詳細につきましては、 弊社営業または販売パートナーまでお問い合わせください。

推奨適用パターン

ETERNUS SF 商品との組み合わせによる効果
組み合わせ商品 組み合わせによる効果
ETERNUS SF AdvancedCopy Manager
ETERNUS SF AdvancedCopy Manager for Exchange Server オプション
Exchange Serverのバックアップ環境の構築に加えて、リストアの実行をウィザードで簡単にかつ確実に実行できるようになります。
ETERNUS SF AdvancedCopy Manager
ETERNUS SF AdvancedCopy Manager for Microsoft SQL Server オプション
SQL Serverのバックアップ環境の構築に加えて、リストアの実行をウィザードで簡単にかつ確実に実行できるようになります。
ETERNUS SF AdvancedCopy Manager
ETERNUS SF Storage Cruiser
Storage Cruiserと組み合わせることにより、消費電力と温度を可視化でき、省電力効果を確認できます。
ETERNUS SF AdvancedCopy Manager
ETERNUS SF Recovery Manager for Oracle
ETERNUSのアドバンスト・コピー機能と、Oracle Recovery Manager (RMAN)とを連携して、Oracleデータベースのオンラインバックアップ/リカバリー運用を高速化します。
ETERNUS SF AdvancedCopy Manager
Symfoware Server Advanced Backup Controller
ETERNUSのアドバンスト・コピー機能と、Symfowareのリカバリー機構とを連携して、Symfowareデータベースのオンラインバックアップ/リカバリー運用を高速化します。

カタログ・技術資料

カタログ

資料名 版数
ETERNUS SF 総合カタログ (4.34 MB ) 2019年11月版


ETERNUS SF AdvancedCopy Managerに関するその他の資料

導入事例


株式会社中央コンピュータシステム 様
プライベートクラウド基盤に「ETERNUS DX series×VVOL」を導入
仮想マシン単位のストレージ運用を実現し仮想化環境の運用を改善

株式会社ダイフク 様
SSDを使ったストレージ自動階層制御で性能向上とコスト抑制を両立
グローバルビジネスの変化に柔軟に応える基幹システムに刷新

横河電機株式会社 様
グローバルICT基盤を担う統合ストレージにETERNUS DX8700を導入
10年分のデータを蓄積、自動階層制御で運用の効率化、データ活用を促進

ヨーロッパ南天天文台(European Southern Observatory)様
宇宙望遠鏡の観測データの提供基盤として優れた性能と費用対効果の面でETERNUS DXを採用

中国薬科大学 様
約124万9,800冊の書籍コレクションを保有する電子図書館システム。堅牢性と高性能、拡張性を兼ね備えたETERNUSがサービスレベルの向上に貢献

富士通株式会社 コーポレートIT推進本部 インフラシステム部
新システム、サービス構築を迅速化 仮想ストレージが拓く次世代センター
 


ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS