GTM-MML4VXJ
Skip to main content

故障部位を局所化し、影響を最小化する
I/O RAS機能

従来は、ディスクドライブ、コントローラー等に故障が発生するとシステム全体がダウンしてしまう問題がありましたが、サーバ側のOSが持っているI/O RAS (注1)機能により、ETERNUS DXの構成を細かいレベルまで認識することができるため、ディスクドライブ、コントローラー等の故障時の影響を局所的に留められ、システムとしての連続運転を実現します。(当社独自機能)

(注1) RAS(Reliability, Availability and Serviceability ):信頼性、可用性および保守性の3つの機能を統合した概念。

I/O ;RAS機能

効果

  • 安定したシステムの連続運転性を実現

動作環境

サポートストレージ ETERNUS DX8100 S4/S3, DX8700 S3, DX8900 S4 
ETERNUS DX8000/DX8000 S2 series
ETERNUS8000, ETERNUS6000, ETERNUS GR820, ETERNUS GR840
サポートサーバ GS21シリーズ, PRIMEFORCE (MSP-EX)

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS