GTM-MML4VXJ
Skip to main content

サーバ仮想化環境への対応

VMware vSphereによる仮想化

ETERNUS AF series および ETERNUS DX seriesでは、プラットフォームの仮想化を実現するVMware vSphere、およびVMware vSphereの統合管理をサポートするVMware vCenter Serverと連携し、ストレージリソースの有効活用、システム性能の向上を実現します。

仮想化環境の運用効率化

ETERNUS AF seriesおよびETERNUS DX series(以下、ETERNUS AF/DX series)ではVVOL注1を利用することで、サーバ仮想化環境のストレージ運用を大幅に効率化します。

  • 仮想マシン単位の運用
    従来、仮想化環境でのストレージ運用では、1つのストレージボリュームに対し複数のVMDK(仮想ディスク)注2を配置するため、仮想マシンのリソース配分を考慮しながら、複雑なボリュームの配置設計や運用が必要でした。
    VVOLでは、1つのVMDKに対して1つのストレージボリュームを割り当てていくため、仮想マシンの管理とストレージの管理が1対1となり運用負荷を大幅に削減します。

  • バックアップ運用の簡素化
    VVOLでは、vCenter上で設定したポリシーに応じて、仮想マシン単位に自動でバックアップ/リストアが可能です。
    従来はボリューム単位の運用なため、ボリューム内の全ての仮想マシンがリストアされていましたが、VVOLにより、仮想マシンごとに要件に合わせたリストアが実現可能となります。
    さらに、スナップショットに加えて複製を取得することで、物理障害に備えた確実なデータ保全が可能になります。

(注1)Virtual Volumesの略

(注2)Virtual Machine Diskの略

仮想化環境の統合管理

ソフトウェア注3との連携により、ETERNUSの様々な情報をVMware vSphere Client/Web Client上に表示し、仮想化環境のインフラを統合的かつ容易に管理できます。

また、ETERNUS AF/DX seriesは、ETERNUS SF Storage Cruiser とVASA注2 Providerを介してVVOLを利用することで、vCenter上で仮想マシン単位にストレージを運用管理します。

かんたん導入

ETERNUS AF/DX seriesは、VVOLによりストレージ導入時に必要な作業がプール作成のみとなるため、ボリュームの分割といった複雑な設計が不要になります。LUNのマスキング作成も、プール作成時の一回だけですむため、構築時の工数を大幅に削減します。

さらに、vCenterから仮想マシンを作成するのと同時にストレージポリシーを設計するだけで、必要なシステム環境をすぐに展開可能です。

(注3)ETERNUS AF/DX series:ETERNUS vCenter Plug-in
ETERNUS NR series:Virtual Storage Console for VMware vSphere

(注4)VMware vSphere Storage APIs for Storage Awarenessの略
ETERNUS VASA Provider(無償提供)必須

Oracle VMによる仮想化

サーバ環境の仮想化ソフトウェアOracle VM のユーザーインターフェースであるOracle VM Manager を利用して、ETERNUS AF/DX seriesを管理できます。

Oracle VM Manager から、Oracle VM 環境内のETERNUS AF/DX seriesのリソースと機能を直接利用することができます。LUNの作成、削除、拡張や、スナップショットなどのネイティブストレージサービスをサポートしています。

Microsoft Hyper-Vによる仮想化

ETERNUS AF/DX seriesは、Windows ServerおよびSystem Centerが提供する機能をサポートし、仮想化プラットフォームの統合管理、クラウド連携に対応します。

仮想化環境の運用効率化

Windows Serverの仮想化ソフトウェア Hyper-Vの仮想ファイバーチャネルを利用することで、ゲストOSからETERNUSのボリュームを直接認識し、マウントすることが可能です。

また、ETERNUSとソフトウェアとの連携注5により、仮想マシンを無停止でバックアップすることが可能です。

さらにETERNUS AF/DX seriesでは、Windows Server 2012「ODX(Offload Data Transfer)」との連携により、仮想マシンの複製/ファイルコピーが高速に行えます。

仮想化環境の統合管理

System Center 2012注6に含まれているSCVMM(System Center Virtual Machine Manager)は、仮想化(Hyper-V)環境の統合管理を行うコンポーネントであるETERNUS AF/DX seriesのSMI-S機能注7を利用することで、SCVMMからETERNUS AF/DX seriesのリソースと機能を直接利用することができます。これにより、ストレージの専門知識なしにサーバ仮想化環境の運用が可能です。

(注5)ETERNUS AF/DX series:ETERNUS VSS Hardware Provider
ETERNUS NR1000F series:SnapManager® for Hyper-V™

(注6)データセンターおよびクラウド環境の運用管理を行うためのプラットフォーム

(注7)ストレージ装置の外部インターフェースのうち、ストレージ管理にかかわる部分の標準化・規格化を目標にSNIA(ストレージ業界団体)が策定しているインターフェース仕様

  • 1
  • 2

次へarrow-double


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS