GTM-MML4VXJ
Skip to main content

IPKNOWLEDGE 庶務事務(庶務事務システム)

申請情報の発生源入力により事務を迅速化。
全庁最適化により人材の有効活用を実現します。

庶務事務をシステム化することで、所属により異なる事務手続きの標準化や発生源入力による庶務担当者の業務負荷軽減が実現されます。また、ペーパーレス化の推進と決裁事務の迅速化、IPKNOWLEDGE 人事給与をはじめとした基幹システムとのシームレスな連携により、更なる事務改善が期待できます。さらに、庶務担当者に蓄積されていた業務ノウハウが共有化されることで、全庁最適化を促し、それにより、人的リソースの最適配置が可能となり、人材の有効活用を支援します。

IPKNOWLEDGE 庶務事務(庶務事務システム)の概要

IPKNOWLEDGE 庶務事務は、休暇や時間外勤務などの就業情報の管理と、扶養や通勤など手当の届出、年末調整における保険料控除などの申告、および研修の受講申込みなど、幅広い申請届出業務をサポートします。他にも画面から簡単に申請業務を追加できる「汎用申請機能」により、導入後も容易に業務を拡張できます。本人申請のワークフローにより、申請届出業務のスピードアップと事務コスト削減が期待できます。

IPKNOWLEDGE 庶務事務(庶務事務システム)の概要図

IPKNOWLEDGE 庶務事務(庶務事務システム)の機能一覧

  • 出勤簿管理
  • 打刻連携機能
  • 年休管理
  • 休暇管理
  • 職務専念義務免除管理
  • 時間外勤務管理
  • 実績入力
  • 予算執行状況照会
  • 手当申請管理
  • 年末調整管理
  • 口座管理
  • 研修管理
  • 人事給与連携機能
  • ライフイベントナビ
  • 認定機能

IPKNOWLEDGE 庶務事務(庶務事務システム)の特長

【特長1】
利用者に優しい操作性

IPKNOWLEDGEでは、ログイン直後に表示されるカレンダーから簡単に申請できます。

IPKNOWLEDGE 庶務事務(庶務事務システム)のホーム画面と年次有給休暇申請画面

また、結婚や出産などのライフイベントに応じて申請をガイドする「ライフイベントナビ」機能により、確実に漏れなく必要な申請が行えます。

IPKNOWLEDGE 庶務事務(庶務事務システム)のライフイベントナビ画面

【特長2】
複雑な制度もシステム化により事務効率化

休暇の申請では、残日数や取得制限などの確認が必要となります。特に、利用頻度の少ない休暇ほど取得に際しての確認項目が多いものです。
IPKNOWLEDGEでは、休暇ごとに適切な申請様式をご用意し、庶務担当職員様や人事給与担当職員様に蓄積されたノウハウをシステム化することで誰でも簡単に申請できます。

【特長3】
蓄積データの利活用によるマネジメント支援

時間外勤務が多い職場や職員が一目でわかることで、人員配置の適正化や職員の作業負荷の平準化に活用できます。
IPKNOWLEDGEでは複合検索機能や各種照会機能により、人事主管課様、所属長様のマネジメントを支援します。

IPKNOWLEDGE 庶務事務(庶務事務システム)の月別時間外勤務実績照会画面

【特長4】
安心の制度改正対応により業務継続性を支援

保険料控除申告書などの全国共通の制度改正には、サポートデスクサービスで迅速に対応することで、安心して業務を行えます。
平成22年施行の労働基準法改正、平成27年施行のマイナンバー制度にも標準対応しています。

【特長5】
人事給与システム連携による更なる事務効率化

就業情報・時間外などの実績手当をはじめとする庶務事務システムにて集計した結果を、簡単にIPKNOWLEDGE 人事給与に連携できます。また、扶養手当などの認定手当や年末調整の申告内容も連携することで、人事給与システムへのデータ入力が不要になり、業務負荷を低減し、間違いも防げます。

デモンストレーションのお申し込み

IPKNOWLEDGE 内部情報ソリューションの各種デモンストレーションをお申し込みいただけます。

お客様の声

全国で多くのお客様にご採用いただいております。ご利用いただいておりますお客様から頂戴しました声を是非、ご確認ください。

お問い合わせ/資料請求

自治体ソリューションご導入に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)