ストレージネットワーク機器 (スイッチ)

SAN(Storage Area Network)の中心を担うSANスイッチと、SANとLANを統合し卓越した運用性と拡張性を提供するコバージドスイッチなど、各種ストレージネットワーク機器(スイッチ)により、従来の「分散型システム」が抱える様々な問題を解決します。

SANスイッチファイバチャネルスイッチ中・小規模システム向けSANの構築に対応
SANバックボーンデータセンター向け大規模SANの構築に対応
エクステンションスイッチSANの遠隔地接続に対応
コンバージドスイッチSANとLANを統合し、卓越した運用性と拡張性を提供
メインフレーム向けスイッチメインフレームとストレージシステム間での高速データ転送をに対応

コンバージドスイッチ:ExtremeSwitching VDX series

ExtremeSwitching VDX seriesは、FCoE()に対応したExtremeSwitching VDX 6740/VDX 6940により、SANとLANの統合を実現するコンバージドスイッチです。統合したネットワーク環境下では、高帯域幅の10ギガビットイーサネット接続、40ギガビットイーサネット接続、さらには広く普及している安価な1ギガビットイーサネット接続が可能で、柔軟なネットワーク構成と拡張を実現します。また、多彩な接続をサポートしており、FC-SAN等の既存ネットワークとの接続も可能です。

  • Fibre Channel over Ethernet
  • 補足
    2018年8月より、「Brocade VDX series コンバージドスイッチ」は「ExtremeSwitching VDX series コンバージドスイッチ」と名称を変更いたしました

メインフレーム向けスイッチ

メインフレームとストレージシステム間でFCLINKを用いたストレージの統合を実現。

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ