GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. スイッチ >
  6. Webブラウザでの装置管理機能 Web Tools

Webブラウザでの装置管理機能
Web Tools

Web Toolsとは、WEBブラウザを使用してファイバチャネルスイッチにアクセスし、ステータスのモニタや性能の監視の他、Brocade seriesに対する様々な設定を行う機能です。ブラウザからBrocade seriesのIPアドレスを指定してアクセスすることができます。
下図は、モデル600のWeb Tools画面の詳細です。この画面から「ゾーニング設定画面」や「スイッチ情報表示/設定画面」および「ポート情報表示/設定画面」を表示することができます。

(ご参考) モデル540 Web Tools画面詳細 (新しいウィンドウで表示)

WEBTOOLS

「Zone Admin」をクリックするとゾーニング設定画面が立ち上がります。
「Switch Admin」をクリックするとスイッチ情報表示/設定画面が立ち上がります。
「Port Admin」をクリックするとポート情報表示/設定画面が立ち上がります。
「ポート」をクリックするとファイバチャネルポートの様々な情報表示画面が立ち上がります。
「Status」をクリックすると装置のステータス状態表示画面が立ち上がります。
「Temp」をクリックすると装置の温度状態画面が立ち上がります。
「Power」をクリックすると電源装置の状態画面が立ち上がります。
「Fan」をクリックするとファンの状態画面が立ち上がります。
「Switch Events」をクリックすると「イベントログ」が表示されます。
「Switch Information」をクリックするとWWNやシリアルNo.やIPアドレスなどの「ファイバチャネルスイッチ情報」が表示されます。

左側に表示された「Fabric Tree」から見たいスイッチを選択しクリックすると、 見たいスイッチのWeb Tools画面が新しく立ち上がります。
また、ファブリック要素や警報閾値をカスタム指定できる「Fabric Watch」は、オプションライセンスで追加が可能です。(Brocade DCX seriesは標準搭載です。)

動作環境

サポートスイッチ Brocade series

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS