GTM-MML4VXJ
Skip to main content

今までに発表した製品
FUJITSU Storage ETERNUS AF650 S2 オールフラッシュアレイ

本製品の後継製品は、ETERNUS AF650 S3となります。
本ページで紹介している情報は、2020年6月2日時点のものです。

SSD(Solid State Drive)の搭載に特化し、高負荷な環境においても極めて低いレイテンシを実現。データベースや仮想化環境、データの分析・解析などに迅速かつ安定した性能を発揮

仕様・諸元

ご参考:消費電力計算ツール

ETERNUS AF650 S2 装置仕様
サポートRAID 0, 1, 1+0, 5, 5+0, 6
最大物理容量注1 5,898TB
コントローラー数 2
ホストインターフェース FC[32Gbit/s, 16Gbit/s]
iSCSI[10Gbit/s (10GBASE-SR)]
iSCSI[10Gbit/s (10GBASE-CR)]
ホストインター
フェース数
AC100V 4~8 [FC(32Gbit/s)]
4~16 [FC(16Gbit/s)]
4~8 [iSCSI]
AC200V 4~16 [FC(32Gbit/s)]
4~32 [FC(16Gbit/s)]
4~16 [iSCSI]
最大接続サーバ数 4,096
システムメモリ容量 512GB
ドライブ数 2~192
サポート
ドライブ
暗号化非対応 30.72TB, 15.36TB, 7.68TB, 3.84TB, 1.92TB, 960GB, 400GB
暗号化対応 7.68TB, 3.84TB, 1.92TB
ドライブインターフェース[最大転送速度] SAS 12Gbit/s
最大性能 810,000IOPS[100% Read, 8KB Block size]
外形寸法
[ピッチ数]
コントローラーエンクロージャ 482mm × 805mm × 133mm[3U]
ドライブエンクロージャ 482mm × 540mm × 88mm[2U]
最大質量 コントローラーエンクロージャ 54kg
ドライブエンクロージャ 注2 35kg
電源条件 電圧 AC100V~120V , AC200V~240V
相数 単相
周波数 50Hz/60Hz
最大消費電力
[最大皮相電力]注2
コントローラーエンクロージャ AC100~120V 820W[830VA]
AC200~240V 930W[940VA]
ドライブエンクロージャ AC100~120V 430W[440VA]
AC200~240V 430W[440VA]
最大構成時注3 AC100~120V 4,260W[4,350VA]
AC200~240V 4,370W[4,460VA]
最大発熱量注2 コントローラーエンクロージャ AC100~120V 3,000kJ/h
AC200~240V 3,400kJ/h
ドライブエンクロージャ AC100~120V 1,600kJ/h
AC200~240V 1,600kJ/h
最大構成時注3 AC100~120V 15,800kJ/h
AC200~240V 16,200kJ/h
周囲環境条件
(動作時)
温度 10~40℃
湿度 20~80%RH
コンセント形状 AC100V仕様 NEMA 5-15
AC200V仕様 NEMA L6-15

(注1) 本容量は、1TB=1,000GB、1GB=1,000MBとして計算し、最大容量ドライブを最大数搭載した場合の物理容量
(注2) エンクロージャにSSDを24台搭載した場合に必要な電力値、および発熱量を記載
(注3) 装置に搭載可能な全オプションを搭載した場合の、最大負荷時に必要な電力値、および発熱量を記載

サポートサーバ/OS

メーカー名 機種 OS
富士通 基幹IAサーバ
FUJITSU Server
PRIMEQUEST
1000シリーズ
2000シリーズ
3000シリーズ
Microsoft® Windows Server® 2019 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2019 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard
Red Hat Enterprise Linux 8 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 7 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 5
Oracle Linux 8
Oracle Linux 7
VMware vSphere® 6
VMware vSphere® 5
Oracle VM server 3
UNIXサーバ
SPARC M10/M12
SPARC Enterprise
Solaris 11 Operating System
Solaris 10 Operating System
PCサーバ
PRIMERGY
Microsoft® Windows Server® 2019 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2019 Standard
Microsoft® Windows Server® 2019 Essentials
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Essentials
Microsoft® Windows® Storage Server 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Foundation
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Essential
Microsoft® Windows® Storage Server 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Foundation
Red Hat Enterprise Linux 8 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 7 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 5
SUSE Linux Enterprise Server 15
SUSE Linux Enterprise Server 12
SUSE Linux Enterprise Server 11
Oracle Linux 8
Oracle Linux 7
Oracle Linux 6
Oracle Linux 5
VMware vSphere® 7
VMware vSphere® 6
VMware vSphere® 5
Citrix Hypervisor 8 (XenServer 8)
Citrix Hypervisor 7 (XenServer 7)
Oracle VM server 3
FalconStor NSS
Oracle SPARC Servers Solaris 11 Operating System
Solaris 10 Operating System
HP HP Integrityサーバ HP-UX 11iv3 (IPF)
HP 9000サーバ HP-UX 11iv3 (PA-RISC)
IBM Power Systems, System p AIX 7.2
AIX 7.1
その他 各社PCサーバ Microsoft® Windows Server® 2019 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2019 Standard
Microsoft® Windows Server® 2019 Essentials
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Essentials
Microsoft® Windows® Storage Server 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Foundation
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Essential
Microsoft® Windows® Storage Server 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Foundation
Microsoft® Windows® Storage Server 2012 Standard
Red Hat Enterprise Linux 8 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 7 (for Intel64)
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 5
SUSE Linux Enterprise Server 15
SUSE Linux Enterprise Server 12
SUSE Linux Enterprise Server 11
VMware vSphere® 7
VMware vSphere® 6
VMware vSphere® 5
Citrix Hypervisor 8 (XenServer 8)
Citrix Hypervisor 7 (XenServer 7)
Oracle Linux 8
Oracle Linux 7
Oracle Linux 6
Oracle Linux 5
Oracle VM server 3
FalconStor NSS

補足 : サポートサーバ/OSの詳細につきましては、弊社担当営業または弊社パートナーまでお問い合わせください。

特長・機能

SSDの性能を最大限に活用するために開発されたETERNUS AF seriesとは

ETERNUS AF seriesのSSDの特性を踏まえた専用設計とは

膨大な業務をこなし、止めない

高速コピー/リカバリ

災害対策

無停止・安定稼働

データ保護

セキュリティ

高性能

リソース活用の最適化

容量の効率化

容量の仮想化

性能リソースの自動割当

ストレージ自動階層制御

拡張性

環境配慮

  • グリーン製品

    グローバルな環境対策に則った当社の厳しい環境評価基準(省資源化、リサイクル設計、化学物質含有 / 使用規制、省エネルギー、環境情報の提供など)をクリアした地球環境に配慮した製品です。

ストレージ統合環境の実現

運用管理

サーバ仮想化環境への対応

データ移行

データ共用

サービス

富士通サポートセンターの専門技術者によるOS / ミドルウェアのサポート、さらに点検/ハードウェア障害予兆のリモート通報などの予防保守などでの運用支援など、充実したサービスでシステムの安定稼動を支援します。

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS