GTM-MML4VXJ
Skip to main content

業務運用中のボリュームコピーで無停止性を実現
VRMGR

オンライン業務を停止することなく、基幹データベース等のボリュームを複製するソフトウェアです。

運用中ボリュームコピー機能 VRMGR(Volume Replication Manager)とは、オンライン業務等で使用しているボリュームに対して、無停止でシステムの負荷に大きな影響を与えずに、ボリュームコピーを作成し、意図した時点で高速に切り離す機能です。
VRMGRコピーユーティリティによるボリュームコピー作成中でもコピー元ボリュームに対するアクセスは可能です。 業務アプリによりコピー元ボリュームに対して更新要求が発行されても、コピー先のボリュームに更新データを反映し、両ボリュームのデータ等価性を保証します。
したがって、コピー完了後は、いつでもただちにコピー先ボリュームの切り離しが可能です。

VRMGR ;解説図

効果

  • 業務運用中のボリュームやファイルの複写
  • 任意時点での複製ボリュームの高速切離しと別業務からの利用

動作環境

サポートストレージ ETERNUS DX8100 S4/S3, DX8700 S3, DX8900 S4 
ETERNUS DX8000/DX8000 S2 series
ETERNUS8000, ETERNUS6000, ETERNUS GR820, ETERNUS GR840
サポートサーバ GS21シリーズ, PRIMEFORCE (MSP-EX)
必須ソフトウェア VRMGR

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS