GTM-MML4VXJ
Skip to main content

IPKNOWLEDGE 文書管理(文書管理システム)

行政文書の適正な管理と、迅速な意思決定基盤を提供します。

行政文書の発生から廃棄までの文書の流れ全体を管理します。
公文書管理法を順守し、行政文書の取り扱い全体の適正化を実現します。
文書を一元管理し、住民や企業への情報公開、行政の透明性の確保と住民への確実な説明を支援します。
電子決裁や電子メール、複合機との連携を活用することでペーパーレス化による意思決定の迅速化や保管スペースの削減、および環境貢献を実現します。

IPKNOWLEDGE 文書管理(文書管理システム)の概要

IPKNOWLEDGE 文書管理システムでは、文書の発生から廃棄/保存に至る文書のライフサイクル全てをシステム化しています。システムを利用することで、文書管理に関する規程・手引きを順守し、庁内の管理ルールを統一できます。

IPKNOWLEDGE 文書管理(文書管理システム)の概要図

IPKNOWLEDGE 文書管理(文書管理システム)の機能一覧

  • 日常業務
  • 所管替え
  • 引継
  • 廃棄
  • 資料管理
  • 統計業務
  • ファイル管理
  • 書庫管理
  • 全文検索
  • 原本保管
  • 連携機能(情報公開、複合機、電子メール)

IPKNOWLEDGE 文書管理(文書管理システム)の特長

【特長1】
文書管理システムを中心に、様々な事務へと連携

IPKNOWLEDGEシリーズの財務情報システム・旅費管理システムをはじめ、グループウェアや公文書館、情報公開システムとの連携が可能です。

文書管理システムと様々な事務システムとの連携のイメージ

【特長2】
文書作成を支援する豊富な機能で事務効率化

文書を作成するうえでは、文書管理規程や所属ごとのルールなど、多くの決まりを順守する必要があります。IPKNOWLEDGEでは、様々な機能で文書作成を支援し、作成時間の短縮、文書事務の効率化に貢献します。

IPKNOWLEDGE 文書管理(文書管理システム)の起案画面

【特長3】
多彩な検索機能による蓄積文書の活用

文書管理システムに登録したすべての文書は、文書検索画面より簡単に検索し、閲覧できます。添付文書内のキーワード検索や、文書の修正履歴も管理できます。

IPKNOWLEDGE 文書管理(文書管理システム)の文書検索画面と履歴画面

【特長4】
統計データから各課の課題を可視化

電子決裁利用状況や添付文書の電子化状況、文書件数を所属単位に一目で把握できます。
統計資料を庁内会議で活用することで、更なる業務効率・システム利用率の改善を促進します。

IPKNOWLEDGE 文書管理(文書管理システム)の共通機能分析画面

デモンストレーションのお申し込み

IPKNOWLEDGE 内部情報ソリューションの各種デモンストレーションをお申し込みいただけます。

お客様の声

全国で多くのお客様にご採用いただいております。ご利用いただいておりますお客様から頂戴しました声を是非、ご確認ください。

お問い合わせ/資料請求

自治体ソリューションご導入に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)