GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. テープシステム >
  6. テープライブラリ >
  7. 2種類の情報パネルで容易な装置管理 オペレーターパネル/リモートパネル

2種類の情報パネルで容易な装置管理
オペレーターパネル/リモートパネル

ETERNUS LT series では、キャビネット前面に搭載されているオペレーターパネルと、Web ブラウザからLAN 経由でアクセスするリモートパネルを使用して、簡単に状態確認/操作を行うことができます。これにより、管理者の負担も軽減できます。

操作しやすいタッチパネルの採用 (オペレーターパネル):ETERNUS LT260/LT270 S2

オペレーターパネルでは、画面に表示されたボタンをタッチすることで、メニューの切り替え、機能の選択、設定値の入力などを行います。たとえば、ETERNUS LT270 S2では、ライブラリやテープドライブ状態を参照/設定する、CAS のマガジン扉を開けるなど、様々な操作を行えます。

  • ライブラリやドライブの状態表示
  • カートリッジテープの投入・排出操作
  • 内部設定情報の変更

オペレーターパネル・リモートパネル

Webブラウザで遠隔地から容易な管理(リモートパネル)

リモートパネルでは、ETERNUS LT seriesのリモート通信機能を使用してLAN 経由で各種設定や操作を行えます。Web ブラウザを利用して、LT series の装置状態やテープドライブの情報を遠隔地からモニタでき、さらに運用設定や機能設定、クリーニング操作などが行えます。

  • 装置状態の参照
  • 設定情報の変更
  • カートリッジテープの使用回数の管理

Webブラウザで遠隔地からの管理

動作環境

サポートテープライブラリ ETERNUS LT20 S2/LT20
ETERNUS LT40 S2/LT40
ETERNUS LT60 S2/LT60
ETERNUS LT140
ETERNUS LT260, LT250
ETERNUS LT270 S2/LT270

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS