GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Storage ETERNUS SF MA 8

ストレージシステムの性能と容量を可視化・診断するソフトウェア

仮想環境の複雑化は見える化で解決 ETERNUS NR1000 series + ETERNUS SF MA

概要

企業におけるサーバ仮想化やプライベートクラウドの浸透でストレージの統合が進む中、さまざまな要件の業務が混在するストレージ環境の管理においては、長期にわたる性能の維持とタイムリーな容量追加が重要な課題となります。
ETERNUS SF MAは、ETERNUS SF Storage Cruiserと連携し、ストレージシステムの性能データや構成情報を収集、長期間保管し、必要なときに必要な情報を高速に抽出することができます。
これにより、ストレージ環境の性能情報を統合的に可視化し、性能問題の根本的な解決とキャパシティプランニングを支援します。また、ストレージの性能情報や利用状況のレポーティング機能およびアセスメント機能を備え、複雑化するストレージシステムの性能管理を簡易化し、安定稼働を実現します。

標準価格:39万円(税別)より注1

(注1)標準価格にはメディアパックが含まれています。

特長・機能

自動診断によりシステムの性能問題を未然に防止

性能状況を各種指標で自動診断するアセスメントレポートや、診断結果をドキュメント出力するBaselineレポートにより、システムの性能状態を定期的に診断できます。これにより、性能問題を未然に防止し、安定稼働を実現することができます。

万が一の際にも、充実した可視化により、問題解決を迅速化

サーバからストレージまでの接続関係やリソース間の関係性が分かりやすく、ボトルネックや影響範囲を迅速に確認できるGUIにより、効率よく性能の状態を把握することができます。
また、負荷の高いトップ10を自動抽出して表示したり、普段の負荷傾向からはずれた箇所を見つけたり、複数のストレージのディスクやボリューム、RAIDグループなどのストレージリソースの性能情報をダッシュボードとしてまとめ、システム全体の性能状況を俯瞰することができます。これらにより、少ない運用管理コストで安定稼働を実現することができます。

万が一の際にも、充実した可視化により、問題解決を迅速化 概要図

業務サーバと関連付けた性能分析を支援

SAN/NASストレージに加え、Microsoft® Windows、Linux、Hyper-V、VMware® vCenter Server™と連携し、サーバや仮想マシンのCPU、メモリ、ストレージなどの性能も可視化でき、さらにストレージ、サーバ間のIPスイッチやFCスイッチの性能も可視化できます。
これにより、業務サーバで発生している性能問題とストレージを関連づけた調査が可能になり、問題解決の時間を短縮します。

長期分析を可能とし、ストレージシステムの安定運用を支援

性能問題の根本的な解決やキャパシティプランを検討するうえで、過去におけるリソース利用状況の把握と分析が必要です。
ETERNUS SF MAは、独自の圧縮技術やデータ構造、クエリー言語により、効率的にデータを保存し、高速で抽出することができます。これにより、ETERNUS SF Storage Cruiserがもつ詳細な性能データを数年単位で保持し、必要な部分を高速で取り出して解析することが可能です。

個々のシステムでの日常の性能監視に有効なETERNUS SF Storage Cruiserと、大規模システムに対応した長期的な性能解析やキャパシティ分析に有効なETERNUS SF MAを組み合わせることで、性能問題を的確に把握し、迅速に対応することが可能となり、ストレージシステムの安定運用を強力に支援します。

長期分析を可能とし、ストレージシステムの安定運用を支援 概要図

定期レポートによりストレージ環境の変化を簡単に把握

性能情報や容量情報をインベントリレポートとして時間、日、週、月でスケジューリングし、自動生成します。これにより、ストレージ環境の性能や容量を定期的に把握し、性能問題や容量不足の兆候を事前に把握することができます。また、構成情報もレポートされ、ストレージ環境の最新の構成を一目で把握することができます。

レポートは必要な情報だけを集めたレポートにカスタマイズすることも可能なので、運用に合わせた性能監視が可能です。
運用管理者は、手間のかかる週次や月次のレポートをGUIからダウンロードするだけで簡単に作成できるので、作業が簡易化できコスト削減ができます。

定期レポートによりストレージ環境の変化を簡単に把握 概要図

動作環境

本製品の動作環境については、アーキテクチャ、OSのエディション、ソフトウェアのバージョンレベルによってサポート範囲、動作条件が異なります。詳細条件等、サポートOSの詳細につきましては、弊社担当営業または弊社パートナーまでお問い合わせください。

MAコンポーネント 対象OS
MA Server/MA Probe VMware vSphere® 6.5
VMware vSphere® 6.0
VMware vSphere® 5.5
VMware vSphere® 5.1
VMware vSphere® 5.0
Microsoft® Windows Server® 2016 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2012 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2008 Hyper-V
Windows Probe Microsoft® Windows Server® 2016 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2012 R2
Microsoft® Windows Server® 2012
Microsoft® Windows Server® 2008 R2
Microsoft® Windows Server® 2008
Microsoft® Windows 8.1
Microsoft® Windows 7

サポート装置

サポート装置注1
オールフラッシュ ETERNUS AF250 S2/AF250
ETERNUS AF650 S2/AF650
ETERNUS DX200F
ETERNUS NR1000A series
NetApp AFF シリーズ
ハイブリッドストレージシステム/
ディスクストレージシステム
ETERNUS DX100 S4/S3
ETERNUS DX200 S4/S3
ETERNUS DX500 S4/S3
ETERNUS DX600 S4/S3
ETERNUS DX8700 S3, DX8900 S3
ETERNUS NR1000F series
NetApp FAS シリーズ
Hitachi Virtual Storage Platform
G200, G400, G600, G800, G1000
Hitachi Unified Storage VM
ファイバチャネルスイッチ ETERNUS SN200 series注2
Brocade series注2
コンバージドスイッチ ExtremeSwitching VDX series注2
IPネットワークスイッチ FUJITSU Network SR-Xシリーズ注3
Cisco Systems社製スイッチ注3
Brocade社製スイッチ注3
監視対象サーバの
プラットフォーム
VMware vSphere® 6.7
VMware vSphere® 6.5
VMware vSphere® 6.0
VMware vSphere® 5.5
VMware vSphere® 5.1
VMware vSphere® 5.0
Microsoft® Windows Server® 2012 R2
Microsoft® Windows Server® 2012
Microsoft® Windows Server® 2008 R2
Microsoft® Windows Server® 2008
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2012 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Hyper-V
Microsoft® Windows Server® 2008 Hyper-V
Microsoft® Windows 8
Microsoft® Windows 7
Red Hat® Enterprise Linux® 7
Red Hat® Enterprise Linux® 6
Red Hat® Enterprise Linux® 5
SUSE® Linux Enterprise Server 11

(注1) ソフトウェアのバージョンレベルによってサポートする装置、動作条件が異なります。詳細条件等、サポート装置の詳細につきましては、弊社担当営業または弊社パートナーまでお問い合わせください。
(注2) Brocade Network Advisor v12.3.0 以降のSAN Professional Plus またはSAN Enterpriseがサポートしている機種です。
(注3) サポートするスイッチは、SNMP v1/v2c/v3のいずれかをサポートするスイッチです。詳細条件等、サポート装置の詳細につきましては、弊社担当営業または弊社パートナーまでお問い合わせください。

カタログ・技術資料

カタログ

資料名 版数
ETERNUS SF 総合カタログ (4.34 MB ) 2019年11月版

ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS