GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ストレージにおけるインターフェースについて

ストレージにおけるインターフェースとは、複数のストレージ機器の間に立ち、通信を仲介するものです。

例えば、サーバとストレージを接続して通信するためには、コネクターやポートの形状を示し合わせるなどの「物理的な接続」と、伝送するデータの形式や通信方式を合わせるなどの「論理的な接続」の両方が必要です。

このような複雑な通信を効率的に実現するために、複数のインターフェース規格が存在します。これらの規格は、データ転送速度や転送距離(ケーブル長)で異なるため、目的・用途によって使い分けることが必要です。

書庫探コンテンツ情報

更新日:2012年9月27日

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS