IP-SANとは

IP(Internet Protocol)をベースとしたSANのことです。IP-SANとは、一般的に、IPネットワークを介してSCSI接続を可能にするiSCSI(internet SCSI)を利用して構築したSANを指します。iSCSIを用いたIP-SANでは、通常のLANと同様にサーバとストレージを接続できます。安価なLAN用機器(スイッチやNICなどの通信カード)を使うため、FC-SAN(Fibre Channel(FC)を利用したSAN)と比べると低コストでSANを構築可能です。
FCでは通信中にデータが失われないように厳密に制御しますが、TCP/IPはネットワーク環境により通信中にパケットの損失による再送が発生する場合があるため、最適な性能を得るためにはチューニングが必要です。

FC-SANとIP-SANを比較した図

FC-SANとIP-SANの違い

FC-SANとIP-SAN(iSCSI)の特徴を次にまとめます。

転送単位パフォーマンス信頼性接続距離導入コスト管理
FC-SANブロック
IP-SAN(iSCSI)ブロック

FC-SANは、大量のデータを高速に、高い信頼性で転送できます。そのため、大勢のユーザーに遅延なくデータやアプリケーションの提供が必要となるデータセンターなどの大規模システムに適しています。
一方、IP-SAN(iSCSI)は、速度や信頼性についてはFC-SANに及ばないものの、既存のTCP/IPネットワークや機器を使って構築できるため、導入コストが抑えられます。パフォーマンスに対して厳しい制約がない中小規模のシステムに最適です。

掲載日:2010年11月26日
更新日:2018年 4月23日

関連情報

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ