DX時代に次世代の
ハイブリッドストレージシステムを投入!

ETERNUS DX S5 series 新登場

2019年11月5日

第五世代となるハイブリッドストレージ

大容量、超高速のSSDはもちろんのこと、従来型の各種HDDの搭載までを幅広くサポートし、CPU・メモリを大幅に強化した第五世代となる「ETERNUS DX S5 series ハイブリッドストレージシステム」6機種を2019年11月5日より販売を開始しました。
既存の業務システムからデータを高度に活用した「デジタル革新」を支える基盤まで、お客様の業務特性やコスト要件などのあらゆる用途をカバーし、ETERNUS DX seriesはエントリーからエンタープライズ向けまで豊富なラインナップを提供いたします。

  • (注1)
    メインフレーム対応のエンタープライズ向けETERNUS DX8900 S4。これ以外にもメインフレーム専用のETERNUS DX8100もご用意しております。

ミッドレンジクラスのETERNUS DX500 S5、DX600 S5、DX900 S5においては、最上位機のETERNUS DX8900 S4 にのみ搭載されていた専用チップ(Storage Acceleration Engine)によるハードウェアアシスト機能を採用し、SSDにおいてデータ削減処理の際に生じる性能の劣化を最小限に抑えつつ容量コストを最大約4分の1まで削減することで、高い性能とコストの抑制を両立させることができます。さらにコントローラーに直結された低レイテンシーのNVMe SSDを二次キャッシュとして使用するExtreme Cache機構により、HDD使用時のランダムリード処理性能を飛躍的に向上させています。

ミッドレンジの最上位機 “ETERNUS DX900 S5”

ミッドレンジクラスではコントローラーを最大4台まで拡張することができるETERNUS DX900 S5を新たにラインナップし、高負荷環境においてもコントローラー部分のみを追加することで性能面の増強を実現!ミッドレンジクラスでは富士通初となるスケールアウトに対応したハイブリッドストレージです。また、単一障害点(SPOF)を完全になくした高可用構成も可能になります。

お客様にさらに満足いただくために

ETERNUS DXをより安心・安全にご使用いただくための製品仕様・長期的な製品供給・稼働率・データ削減率を保証する「Fujitsu Storage ETERNUSギャランティ プログラム」 (注1)をご用意いたしました。
本製品をクラスタ構成で連結したストレージシステムに起因するシステム停止が発生した場合にライセンス料を返金 (注2)する「業務継続性保証」のほか、「ブランドプロミス」「SSD無償交換」「お客様満足度保証」「データ削減率保証」の5つのメニューを用意し、製品仕様・長期的な製品供給・稼働率・データ削減率といった観点から富士通があらかじめ規定したサービスレベルを保証し、お客様の安心をお約束します。

  • (注1)
    本プログラムは、日本国内においては2019年内に提供開始予定です。
  • (注2)
    ライセンス料を返金:
    「ETERNUS」2台をクラスタ構成で連結した高可用構成を採用したお客様において、ストレージシステムに起因するシステム停止が発生し、既定のサービスレベルを達成できなかったことを当社が容認した場合、あらかじめ設定された本機能のライセンス料を上限に返金するもの

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ