ETERNUS AB/HB seriesとArcserve UDPで安価・安心・確実!

ランサムウェア対策ソリューション

ランサムウェアの脅威については、ニュースでも騒がれています。実際にランサムウェアの被害がニュースになることも増えました。
有名な製造業の企業が攻撃されて操業が停止したり、病院がランサムウェアの攻撃を受けて電子カルテが利用できなくなったりと、その被害はますます深刻になっています。

ランサムウェアとは、企業のシステムに侵入してデータを勝手に暗号化するマルウェアで、攻撃者は元に戻すことと引き換えに身代金を要求します。
最近は暗号化するだけにとどまらず、データを外部に持ち出し「身代金の支払いを拒むなら暗号化したデータを公開する」と脅す二重脅迫型のランサムウェア攻撃が増えています。

ランサムウェア対策は、
まず、発生しうる被害を知ることが重要です。

次に、感染対策の検討

ネットワークの保護
ネットワークの保護
ウィルス対策ソフトを<br>最新状態に保つ
ウィルス対策ソフトを
最新状態に保つ
データ保護(バックアップ)
データ保護
(バックアップ)

これらの対策の中でも
「バックアップ」に対するランサムウェア対策は、専用の機能がないとできない?
そういうのって、高額で、なかなか手が出せない。と思っていませんか?

富士通が提案する ETERNUS AB/HB series と Arcserve UDP の
ソリューションを使えば、安価で、安心、確実に保護できます。

  • ETERNUS AB/HB seriesを業務データのバックアップ先とし、バックアップソフトウェア:Arcserve UDPで使用する一次バックアップ用と、 ETERNUS AB/HB seriesのボリュームコピーで使用する二次バックアップ用の2種類のボリュームを割り当てます。
  • Arcserve UDPにより効率的に一次バックアップされたバックアップデータは、更にETERNUS AB/HB seriesのボリュームコピーにより二次バックアップを実施します。
  • 二次バックアップ先のボリュームは、ネットワークからアクセスできない場所にあるため、論理的なエアギャップの状態となり、バックアップデータへのウイルス感染を防止します。

本ソリューションのメリット

メリット1

バックアップデータのセキュリティ強化を安価に実現

Arcserve UDP

  • 低価格なライセンスで提案が可能
  • 継続増分バックアップと圧縮により、バックアップ先のディスクサイズ抑止

ETERNUS AB/HB series

  • 二次バックアップ(ボリュームコピー)は標準搭載
  • 二次バックアップ用に専用サーバーを設置する必要なし

メリット2

業務システムへ支障のない二次バックアップ

ボリュームコピー(オンライン)

  • 一次バックアップ後にボリュームコピーを実施。業務システムへの影響なく二次バックアップ可能
  • ボリュームコピー中でも一次バックアップ先のボリュームへのアクセスが可能

SMcli※を利用した定期バックアップ

  • Windowsのタスクスケジューラ等と併用し、定期的にボリュームコピーを実施

※ Command Line Interface

メリット3

富士通ならではのソリューション

中小規模向けを対象とした低コストで導入可能な富士通独自モデルの提供

  • 富士通独自モデル:
    ETERNUS HB1100/HB1200

富士通SupportDeskによる高品質なサポート

  • ハード・ソフト両面のワンストップサポート
  • ベンダとの連携による早期解決

動画で詳しくご紹介

ETERNUS AB/HB series とArcserve UDPで安心・確実!
ランサムウェア対策ソリューション

ETERNUS大特価キャンペーン

詳しい資料のダウンロードはこちらから

本記事でご紹介したETERNUS AB/HB series と Arcserve UDP のランサムウェア対策ソリューションに関する詳しい資料や、「やすい」「はやい」「かんたん」のETERNUS AB/HB seriesに関する情報を無料でダウンロードいただけます。
ぜひ導入検討にお役立てください。

今ならこんな資料をダウンロードいただけます

  • ETERNUS AB/HB series と Arcserve UDP のランサムウェア対策ソリューションをさらに詳しく
  • 従来ストレージとの比較によるコスト/運用面でのおすすめポイント
  • ETERNUS AB/HB series性能と容量面で優れている点を従来機種比較でご紹介
  • お手頃価格でもデータ保全がバッチリできるその機能を詳しくご紹介

おすすめコンテンツ

保護と活用は両立可能?データ保護とクラウドの“切っても切れない関係”

企業のデータは「貴重な資産」であると同時に「DXを進めるための原動力」でもある。サイバー攻撃などの脅威が深刻化する中、データを守りながら活用するためにはどのようなインフラが必要なのか。その鍵は「クラウド連携」にある。

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~12時 および 13時~17時30分
    (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ