システムリカバリ機能サポートクライアント機種一覧

瞬快Ver.11.5 / Ver.12 システムリカバリ機能サポートクライアント一覧

注) 瞬快Ver.11.5におきましては、2015年上期以前のFMVモデルはVer.11 と同等となります。

注) クライアントPCがUEFI起動かつ、別居DHCP環境の場合、通常のPXEブートに時間がかかります。

UEFI機能サポートモデルをUEFIモードにて使用せずBIOS互換モードにて使用する場合は、ダウングレードにより Windows 7 Professional (32bit) SP1 がインストールされたモデルを購入することを推奨します。これにより、BIOS設定をUEFIモードからBIOS互換モードに変更する手間を省くことが可能です。

瞬快Ver.11 システムリカバリ機能サポートクライアント一覧

注)瞬快Ver.11におきましては、2012年上期以前のFMVモデルはVer.10 と同等となります。

注)クライアントPCがUEFI起動かつ、別居DHCP環境の場合、通常のPXEブートに時間がかかります。

UEFI機能サポートモデルをUEFIモードにて使用せずBIOS互換モードにて使用する場合は、ダウングレードにより Windows 7 Professional (32bit) SP1 がインストールされたモデルを購入することを推奨します。これにより、BIOS設定をUEFIモードからBIOS互換モードに変更する手間を省くことが可能です。

瞬快Ver.10 システムリカバリ機能サポートクライアント一覧

注) 瞬快Ver.10におきましては、2010年上期以前のFMVモデルはRel.8.0と同等となります。

UEFI機能サポートモデルをUEFIモードにて使用せずBIOS互換モードにて使用する場合は、ダウングレードにより Windows 7 Professional (32bit) SP1 がインストールされたモデルを購入することを推奨します。これにより、BIOS設定をUEFIモードからBIOS互換モードに変更する手間を省くことが可能です。

瞬快Rel.8.0 システムリカバリ機能サポートクライアント一覧

注) 瞬快Rel.8.0におきましては、2009年上期以前のFMVモデルはRel.7.0と同等となります。

UEFI機能サポートモデルをUEFIモードにて使用せずBIOS互換モードにて使用する場合は、ダウングレードにより Windows 7 Professional (32bit) SP1 がインストールされたモデルを購入することを推奨します。これにより、BIOS設定をUEFIモードからBIOS互換モードに変更する手間を省くことが可能です。