Cloud LendingとSalesforceにより
実現する融資DX

Salesforceのワンプラットフォーム上で、
融資業務のデジタル化を実現する事により、
事業の発展、UXの最大化、業務の最適化を継続的にご支援します

Cloud LendingとSalesforceにより実現する融資DX 3つのポイント

  • 顧客アプローチの変革

    • デジタルチャネルによる申し込みから完了までを完全オンライン化
    • 時間や場所の制約をなくし、新たなカスタマージャーニーと顧客接点力強化を実現します
  • 顧客利便性の変革

    • 各種手続きがWebポータル上で完結し、非対面でのやり取りが可能になります
    • リアルタイムで申し込み状況の確認が可能になり、お客様の利便性を更に向上させます
  • バックオフィス業務の変革

    • Cloud Lendingの柔軟なワークフローシステムにより、融資審査業務の抜本的な見直し、自動化、本部集中によるスリム化を実現します
変革のポイント

以下のようなアナログ業務の課題をデジタル化で解決します

  • 融資実行までの長期化・書類の返発送などによる顧客の利便性における課題
  • 受付/審査状況がリアルタイムに分からないという顧客の利便性における課題
  • 窓口での受付のために顧客が時間を調整する必要があるという利便性における課題
  • 融資審査業務におけるマニュアル作業によるバックオフィスの事務負担

次世代ローンシステムの実現

  • 顧客接点/エンゲージメントの強化に繋がる”新たな借り入れ体験”の実現
  • 融資審査業務の”自動化・効率化”による抜本的な業務改革/事務の大幅減

導入による主な効果

“新たなカスタマージャーニー”をSalesforceトータルワンプラットフォームの強みを活かすことで実現します。

Cloud Lendingによる融資審査業務の効率化・最適化とSalesforceによる新たな”顧客体験”の実現

  • Cloud Lendingの変化に即応し”柔軟に対応可能”なクラウド型融資プラットフォームによる業務改革・事務効率化・”継続的”な業務の高度化を通じて事務負担の大幅削減を実現します。
  • Salesforceによる徹底した”UXと顧客満足度の最大化”に繋げる”新たなカスタマージャーニー”を実現します。
  • Cloud Lending
    融資審査業務の効率化・最適化

    • 審査リードタイムの大幅削減と抜本的な業務のスリム化
    • 将来にむけて継続した業務変革の実現
    • バックオフィス向け融資業務UXの向上
  • Salesforce
    新たな”顧客体験”の実現

    • 融資申し込みのデジタルチャネル化による顧客利便性の向上
    • 徹底した顧客中心のカスタマーエンゲージメント
    • ポータルサイトによるスピーディーかつリアルタイムな審査回答および顧客接点の高度化

Salesforceトータルワンプラットフォームによる融資DXの実現

顧客アプローチの変革 / 顧客利便性の変革 / バックオフィス業務の変革

Salesforceトータルワンプラットフォーム融資DXシステム構成イメージ

Salesforceトータルワンプラットフォーム上にて融資申込/審査業務のシステムを構築することにより、システム間の連携及び情報の”シームレス”な一元管理を実現します。

導入イメージ

マイページ/チャットによる顧客とのリアルタイムのコミュニケーション

  • マイページ/チャット等の”デジタルコミュニケーション”を通じて、時間や場所に制約されないローン借入体験を実現。

Salesforceトータルワンプラットフォームによる情報の一元管理

  • 顧客に関する必要な情報が、いつでも、どこからでも、誰もが、あらゆるデバイスからアクセス可能。
  • 顧客情報統合基盤にて顧客に徹底して寄り添うアプローチを通じて顧客満足度の最大化を実現。

柔軟な審査ワークフローによる継続的な業務改革の実現

  • 『プロセスビルダー&Lightning Flow』を活用する事により、ローン業務の流れをGUIで制御することで『自動化』、また『必要な目視審査』等、BPR対応や稼働後の更なる業務改革も容易かつ柔軟に実現可能。
  • 審査フローやチェックポイントは商品ごとに設定可能な上、申し込み商品は設定のみで与信基準や承認基準など柔軟な対応が可能。

ダッシュボード例

豊富なダッシュボード機能による融資業務UXの向上

Salesforceの『レポート、ダッシュボード』で手続き状況、実行済金額や実行予定金額等の係数を営業店・エリア等の区分ごとなど、必要なそれぞれの視点から、見たい切り口を『リアルタイム』で集計し、状況を一目で把握可能。

  • レポートやダッシュボードは業務の必要性に応じて自由に追加・修正可能。

各種ダッシュボード(例)

融資ビジネス状況の確認

  • 営業店/エリア別の実績

審査状況の把握

  • 今月の見込み状況
  • 優先順位付け
  • 来月以降の見込み状況

抜け漏れチェック

  • 融資実行の長期化チェック
  • 対応中案件の未活動案件チェック
  • 審査の進捗チェック
  • 進捗度が下がった案件チェック

幅広いSaleforceソリューション

Salesforceトータルワンプラットフォームによる更なる発展

Salesfoeの幅広いソリューション群により、将来に渡って事業の発展、UXの最大化、業務の最適化をご支援させていただきます。

Salesforce CRMに関するお問い合わせ・ご質問・トライアルのご相談

Webでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
ページの先頭へ