情報共有とコミュニケーション強化による収益の改善

~情報の可視化と共有により、スピード経営と収益構造の強化を実現
~コミュニケーションの強化が働き方改革を実現

Salesforce 成功事例

CRMマーケットをリードするSalesforceを活用して、顧客接点、社内外のコミュニケーションや情報共有などに着目して実践した成功事例(ベストプラクティス)の紹介ページです。

製造業が抱える課題2競争力がある主要製品でも市場構造が変化すれば売上が激減

高い技術力やブランド力で高いマーケットシェアを持っていた主力製品であっても、マーケット構造が変化すれば売上は激減します。例えば、部品メーカーの場合に、納入先の完成品メーカーが製品設計を大きく変更したために、従来から大量に納品していた部品が不要になり、突然売れなってしまうといったことが実際に起こっています。部品メーカーのビジネスの成長を支えていたのはマーケットシェアとブランド力であって、本当の意味での営業力や組織で販売できる仕組みが欠如していたことが、マーケット構造の変化に気付かなかっただけではなく、自社の売上の減少にも歯止めをかけることができなかった真の原因と考えられます。

営業部門と生産現場との通常業務、日々の業務連絡や、最も重要な新製品の開発作業に関して、良好なコミュニケーションが確立している企業は多くないと考えられます。また、営業部門においても、優れた製品や技術に関する営業ノウハウは、営業担当者個人の頭の中に仕舞われて、ビジネスに役立つ情報が部門内で共有されている企業はまだまだ少ないのが現状です。

Salesforceが実現するソリューション2社内における情報共有と良好なコミュニケーションの仕組み

「すべての情報は会社の資産であり、情報は発信してこそ価値がある」

  • Chatter(チャター)を利用した情報共有からスタート
  • 顧客管理、案件管理など、営業の行動を可視化
  • 情報を発信することが情報共有を定着

Chatter(チャター)を利用した情報共有

営業部門では、他の営業担当者の提案が見えるようになり、各営業担当者にとって役に立つ情報が見えるようになってきます。そして、すべてのデータがSalesforceに入力されるようになると、顧客管理、案件管理など、営業の行動が可視化されます。これまでは、時間をかけて行っていた営業会議が短時間で済むようになり、週報や月次報告の作成も不要となり、営業活動に専念できるようになります。

情報を発信することが情報共有を定着

きちんとした情報を発信すれば、他の人からきちんとしたアドバイスを受けることができるという意識が営業現場に芽生えます。また、管理職が自ら率先してアドバイスやビジネスに必要な情報を発信して社内での情報共有を図ることで、新しい仕組みは短期間で社内に定着します。

働き方改革の実現

属人化しがちな情報を可視化と共有化することで、役員が報告書を作る必要が無い会議や、ダッシュボードを見ながらの会議などを実現します。無駄な仕事や会議を排除して、ナレッジの共有を目的に始めた改革をさらに進めると、結果的に働き方改革につながります。全社員がつながっているという安心感を生み出し、スピードのある決断を実現するSalesforceは、社員の英知を集めてビジネス上の課題を解決するために必要不可欠な存在となります。

CRMアプリケーション市場をリードするSalesforceを活用して、
社内外、顧客接点とのコミュニケーションや情報共有などに着目して実践したベストプラクティス(成功事例)の紹介ページです。

Salesforce CRMに関するお問い合わせ・ご質問・トライアルのご相談

ページの先頭へ