GTM-MML4VXJ
Skip to main content

フロントエンドシステム

webサーバやメールサーバなどのフロントエンドシステムは、2000年代初頭まではUNIXサーバでの構築が一般的でした。 一方でインターネットの急速な普及による情報流通量の飛躍的な増加は、 サーバの処理能力不足やそれに伴うサーバ増強の投資負担増など大きな影響を与えました。

その結果として、PCサーバとLinuxの組み合わせによるコスト削減効果を狙ったUNIXサーバからのリプレースや、 新規構築に合わせたLinuxサーバの導入が拡大していきました。 いまではフロントエンドシステムの構築はLinuxサーバが主流であるとも言えます。

フロントエンドシステムの変遷

フロントエンドシステム別ソリューション

ここではRed Hat Enterprise Linuxによるフロントエンドシステム別の構築例をご紹介していきます。