• ベンダー依存の少ないオープンソースであるLinuxは、フロントエンドシステムから企業の基幹業務システムや社会インフラシステムにいたるまで幅広いシーンでの利用が進んでいます。
    富士通は、LinuxをICT基盤の主力OSと位置づけ、メインフレームやUNIXの分野で培ってきた基幹系システムの技術とノウハウを活かし、お客様が安心してLinuxシステムを利用できるように“ハードウェア、ソフトウェア、サポート・サービス”を高次元で融合した、Linuxソリューションをご提供します。

Linuxソリューション

運用コストを削減したい、増えすぎたサーバを統合したい、稼働させたシステムは安定運用させたいなど、システムの運用時に直面する様々な課題を解決する方法またはLinuxでどのようなことができるのかをシステム別、目的別に分類して紹介しています。

富士通の取り組み

Linux総合ソリューションベンダーのリーダーとして戦略的なビジネス展開の取り組みについてご紹介します。

Red Hat Enterprise Linux

富士通は、レッドハット社とのグローバルな戦略的提携の下でミッションクリティカル向け機能などの共同開発を緊密に進めています。

LinuxとOSSの力を、すべての企業へ

Red Hat OpenShift Container Platform

Red Hat OpenShift Container Platformは、レッドハット社が提供するコンテナプラットフォームです。これにより、アプリケーション開発環境の構築やシステム管理の多くが自動化されます。

SUSE Linux Enterprise Server

SUSEは、オープンソースソフトウェアのパイオニア企業であり、信頼性と相互運用性に優れたLinuxおよびクラウドインフラソリューションを提供しています。

オープンかつ信頼できるソリューションでデジタル革新を

SUSE Enterprise Storage

SUSE Enterprise Storageはオープンソース Cephを採用したソフトウェア・デファインド・ストレージです。ソフトウェアとIPネットワークを使用して複数サーバのディスクを統合し、柔軟かつ大容量のストレージ運用を提供します。

データ爆発に備える!DX実現に向けた最適なデータ管理とは

リファレンスアーキテクチャー型垂直統合 オープンソースクラウド基盤
FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for OpenStack

富士通のベストプラクティスに基づく高信頼なオープンソースクラウド基盤を提供します。富士通のこれまでの経験に基づくリファレンス構成をベースとし、スピーディーなシステム導入を実現します。

富士通のLinux情報に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ