本ページの製品は2024年4月1日より、エフサステクノロジーズ株式会社に統合となり、順次、切り替えを実施してまいります。一部、富士通表記が混在することがありますので、ご了承ください。

Linuxサポートサービス

Linuxはオープンソース・ソフトウェア(OSS)の集まりであり、これらOSSのソースコードは特別な購入手続きを必要とせず、誰でも無償で自由に利用できます。その反面、利用に関する技術的な相談や障害に対するサポートなどは利用者自身のノウハウで対応するか、またはソース開発元であるコミュニティーに参加するなどして利用者自身が対応しなくてはなりません。

業務システムの運用において、万一の障害発生による業務停止やその復旧にいたる迅速な対応は不可欠であり、その矢面にたつシステム部門への負荷は相当なものになります。そこで、技術的な相談や障害対応などは、専門の技術を持つ会社から有償で提供されるサポートを利用する(サポートを購入する)ことが現実的になります。

一般的なディストリビューターは、利用目的に合わせて必要なOSSの機能をパッケージとして集約し、利用に関するサポートを含めてディストリビューションとして販売しています。ただし、ディストリビューターが提供するソフトウェアに関するサポートのみとなるため、お客様がハードウェアまたはソフトウェアの切り分けを行い、問題箇所が該当のソフトウェアであることを明確にすることが必要になります。

富士通の運用・保守サービス SupportDesk

富士通のサポートは、運用・保守サービス SupportDeskによるお客様システム全体のサポートを特長としています。Linuxについても、「SupportDesk Standard」にレッドハット社/SUSE が提供する有償サポートサービス(サブスクリプション利用権(注1))を含めて、富士通の一括サポートとしてお客様に提供しています。お客様が問題箇所の特定や問い合わせ先を切り分ける必要はなく、富士通のOSC(One-stop Solution Center)で一括対応します。(注2)

  • (注1)
  • (注2)
    Linuxの他に、ハードウェアやミドルウェアに対応する運用・保守サービス SupportDeskをご契約いただく必要があります。詳しくは当社担当営業または販売パートナーまでお問い合わせください。

Linuxサポートの特長

ワンストップ・サポート

運用・保守サービス「SupportDesk」により、お客様に安心してLinuxシステムをご利用いただけるようハードウェアとソフトウェアのサポートサービスをワンストップで提供します。

Q&Aからハードウェア障害やソフトウェアトラブル(Linux、ミドルウェア)にいたるまで、お客様の様々な問題をサポートセンター専門技術者が一括受付し、ハードウェアサポートとソフトウェアサポートの専任技術者が相互に情報を共有、連携することでトラブルを迅速に解決します。ワンストップ・サポートによりお客様の負荷軽減、運用保守コスト削減に貢献します。

Linux専任技術者による迅速なトラブル解決

富士通のLinuxサポートは、経験豊富なLinux専任技術者を多数配置し、メインフレームと同等以上のサポート体制を構築しています。国内No.1のRed Hat Enterprise Linux販売実績と、その実績をベースとしたサポートノウハウの蓄積により、お客様のトラブルを迅速に解決します。

バックラインのレッドハット社とも密に連携しています。2003年12月にはLinux の機能強化とサポート支援を行う「共同開発推進室」を両社共同で開設しました。富士通からレッドハット社にオンサイトエンジニアを派遣し、トラブル情報の共有と協働調査により早期解決につなげています。

Linux製品ポートフォリオ

富士通が提供するLinux製品ポートフォリオです。

富士通提供のLinux製品

富士通が提供するLinux製品の一覧です。色付きをSupportDeskとして提供しています。

Linux サポート商品

Red Hat Enterprise Linux

Red Hat Enterprise Linuxはサポート契約にプログラムを含めた形態で提供されます。富士通の場合、運用・保守サービスSupportDesk Standard等のLinuxサポート商品で「Red Hat Enterprise Linux」を提供しています。
富士通が提供するRed Hat Enterprise Linuxのサポート商品は、オンプレミスだけでなく、富士通のクラウドサービス(FUJITSU Hybrid IT Service)や、 Amazon Web Services(AWS), Microsoft Azureといった一般的なパブリッククラウドサービスにも幅広く対応しています。
パブリッククラウドベンダーが提供していないRed Hat Enterprise Linuxの長期利用が可能なサポート商品(EUS)を、ご利用いただけることも大きな特長です。  

【オンプレミス/クラウド向けLinux OS商品】

オンプレミスでは、FUJITSU Server PRIMERGY, PRIMEQUEST シリーズに対応しています。対応状況の詳細は各シリーズ毎のシステム構成図等をご確認ください。
クラウドでは、富士通が提供するクラウドサービスのFUJITSU Hybrid IT Service、および一般的なパブリッククラウドサービスに対応しています。


  • PRIMEFLEXはPRIMERGYに準じます。
  • FUJITSU Hybrid IT Service for AWSおよびAmazon Web Services(AWS)のサポート対象は、RHEL7(7.6以降), RHEL8(8.2以降), RHEL9(9.2以降)となります。
  • FUJITSU Hybrid IT Service for Microsoft AzureおよびMicrosoft Azureのサポート対象は、RHEL8(8.2以降)となります。
  • FUJITSU Hybrid IT Service for AWS/Amazon Web Services(AWS)のRed Hat Enterprise Linuxは、富士通が提供するOSイメージを利用いただきます。クラウドベンダーがMarketplaceで提供するRed Hat Enterprise Linuxではございません。
  • FUJITSU Hybrid IT Service for Microsoft Azure/Microsoft AzureのRed Hat Enterprise Linuxは、富士通が提供するOSイメージを利用いただきます。クラウドベンダーがMarketplaceで提供するRed Hat Enterprise Linuxではございません。

「拡張サポート」のEUS(Extended Update Support)および「拡張プラスサポート」のAUS(Advanced Mission Critical Update Support)は、富士通とレッドハット社が日本のお客様の長期利用ニーズに応えるために共同で開発した商品です。

サポート商品の選択

【オンプレミス向けLinux OS商品】

サポート商品「基本サポート」「拡張サポート」「拡張プラスサポート」は、各々ハイパーバイザの種類により商品が異なります。さらに、「ゲストOS数」と「サポート時間帯」に細分化されます。利用するハイパーバイザとゲストOS数に対応して商品を選択します。サポート時間帯についても、システムの利用形態などに応じて「平日8時30分-19時」または「24時間365日」を選択します。
サポート商品は当社「SupportDesk Standard (年額・1年一括)」のご契約に加えて、ハードウェア購入時にLinuxサポートを同時購入できる「ベースユニット構成モデル(Linux)(1/3/4/5年買取)」 や 「Linuxサポートセット(1年買取)」を選択することもできます。

  • (注2)
    Nutanix AHVは、PRIMEFLEX for Nutanix Enterprise Cloudでのご利用に限ります。

オンプレミス向けにサブスクリプションモデルもご用意されています。

【クラウド向けLinuxゲストOS商品】

クラウド向け商品につきましては、それぞれ下記をご参照ください。

Red Hat Smart Management

Red Hat Smart Management はRed Hat Enterprise Linuxの稼働するシステムに対し、最適な運用・管理を実現するOSアドオン製品です。

製品およびサポート商品につきましては弊社営業までお問い合わせください。

SUSE Linux Enterprise Server

SUSE Linuxはサポート契約にプログラムを含めた形態で提供されます。富士通の場合、運用・保守サービスSupportDesk Standard等のLinuxサポート商品で「SUSE Linux Enterprise Server」を提供しています。
富士通が提供するSUSE Linux Enterprise Serverのサポート商品は、オンプレミスだけでなく、Amazon Web Services(AWS), Microsoft Azureといった一般的なパブリッククラウドサービスにも幅広く対応しています。
パブリッククラウドベンダーが提供していないSUSE Linux Enterprise Serverの長期利用が可能なサポート商品(LTSS)を、ご利用いただけることも大きな特長です。

【オンプレミス向けLinux OS商品】

FUJITSU Server PRIMERGY, PRIMEQUEST シリーズに対応しています。対応状況の詳細は各シリーズ毎のシステム構成図等をご確認ください。

【クラウド向けLinuxゲストOS商品】

Amazon Web Services(AWS), Microsoft Azureといった一般的なパブリッククラウド環境に対応しています。

サポート商品の選択

詳細につきましては弊社営業までお問い合わせください。

クラウド/コンテナ製品

Red Hat OpenStack Platform

Red Hat OpenStack Platformはオープンソースソフトウェアで構成されているIaaS 構築用のソフトウェア群です。クラウド基盤の要素となる仮想マシン、ストレージ、ネットワークなどの構築・管理するためのソフトウェアで構成され、インフラ構築時間を大幅に短縮することが可能となります。

製品およびサポート商品につきましては弊社営業までお問い合わせください。

Red Hat OpenShift Container Platform

Red Hat OpenShift Container Platformは、Red Hat Enterprise Linux、Docker、Kubernetesをベースに、エンタープライズ用途で必要となる認証、ビルド、アクセス制御等を強化したコンテナプラットフォームです。

製品およびサポート商品につきましては弊社営業までお問い合わせください。

関連コンテンツ

富士通のLinux情報に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

この製品に関するお問い合わせは、富士通株式会社のフォームを使用し、2024年4月1日よりエフサステクノロジーズ株式会社が対応いたします。