Skip to main content

Fujitsu

Japan

ベースユニット構成モデルと複数年OSサポート

ハードウェア購入と同時にOS用保守サービスも選択可能

Red Hat Enterprise Linuxを利用するためには、 SupportDesk Standardの契約が必要となります。PRIMERGYのベースユニット構成モデルLinuxオプションでは、OS用保守サービスとして「SupportDesk Standard RHEL Server 基本サポート」を選択可能であり、ハードウェアの出荷と合わせてRed Hat Enterprise Linuxのサブスクリプション(プロダクトID)を入手できます。 ハードウェアの到着後、Red Hat カスタマーポータルへ接続してisoイメージファイルをダウンロードすることができるため、OSインストールをすぐに開始できます。

ハードウェアの出荷と合わせてRed Hat Enterprise Linuxのサブスクリプション(プロダクトID)を入手できます。

媒体同梱を選択できるのはベースユニット構成モデルだけ

Red Hat Enterprise Linuxをインストールするには媒体を用意する必要があります。Red Hat カスタマーポータルに接続することでisoイメージファイルのダウンロードが可能ですが、ベースユニット構成モデルであれば、お求めやすい価格で媒体同梱を選択することができます。

お求めやすい価格設定

ベースユニット構成モデルLinuxオプションのOS用保守サービスは、リーズナブルな価格設定となっています。国内No.1のRed Hat Enterprise Linux販売実績と、その実績をベースとしたサポートノウハウの蓄積により提供されるサポートは、その価格以上の価値をお客様に提供します。

複数年OSサポートを選択するとさらにお買い得!

1年当たりのサポート費用 3年、4年、5年サポート商品を選択すると、1年当たりのサポート費用がさらにお買い得に。
稼働予定年数が確定しているのであれば、複数年サポートを購入しておくことでトータルでみた場合のサポート費用を抑えることができます。

2年目以降の年額サポート契約が不要

1年サポートを選択した場合、2年目以降は年額サポート契約が別途必要となります。
当初から複数年サポートを選択しておくことで年額サポートの契約手続きが不要になるとともに、万が一のトラブル時にサポート契約のし忘れによってサポートが受けられないというような事態も回避できます。