GTM-MML4VXJ
Skip to main content

始めよう、テープバックアップ!!

始めよう、テープバックアップ!! バックアップといえばディスクバクアップ? 環境にあわせた「バックアップ方式」を選ぼう!

消費電力削減 高速性と互換性 セキュリティ

「なぜバックアップが必要か?」「ディスクバックアップがすべてなのか?」を踏まえテープライブラリによるバックアップというもう一つの選択肢をご紹介していきます

なぜバックアップが必要か?

近年、サーバ製品の信頼性は飛躍的に向上し、事故を回避する、あるいは事故が起きてもデータを保護する能力は確実に向上しています。
しかし、データ消失原因の約1/3は人為的なミスといわれます。
また、ネットワークから侵入してくるハッカーやウイルスの脅威に対しては、サーバの事故回避機能は対処できません。

データ消失の原因の概要図

さらに、自然災害や火災、テロ攻撃が起こった場合、情報システムが被る損害は甚大です。
すでにいくつかの大企業では、このような事態に備えた事業継続計画(BCP)の策定が開始されていますが、最悪の事態を想定した対策は、企業の規模に関わらず全ての経営者に求められています。
そのときに備えて、大切な経営資源であるデータを守るための環境を整えておくことは企業にとって最優先の課題です。

災害によるデータ損失の概要図

一般的に、効率的・効果的にデータを取り扱うことは、ビジネスメリットも多いため積極的な投資も期待できます。しかし、データを失わないという事業継続に繋がる投資は、リスク回避が目標であるため直接的な売り上げに貢献するわけではありません。
そのため、実際にデータを損失しないとその重要性には、なかなか気づかれません。

バックアップによる業務への支障の概要図

結果、バックアップなど事業継続に絡む投資は、後手に回ることが多くなります。とはいえ、「事業継続」ができないということは、「復旧コスト」・「業務停滞」・「会社の信用」のリスクを発生させてしまうため、「必要な投資」として考えていくことがシステム担当者の視点としても重要となります。

あなたの環境にあわせた「バックアップ方式」を選ぼう

バックアップのベストチョイスは?

現在においてメールや映像などのデータ増加、複製(コピー)用バックアップデータの増加など企業が保有するデータ量は増え続けています。

その中で、バックアップといってもさまざまな方式が存在しますが、大容量・低価格なSATAドライブの普及によりD2D(Disk to Disk)のバックアップを採用する企業が増えています。

しかし、すべてのシステムにおいてD2Dが最適かというと、環境によってはそうではない場合もあるので注意が必要です。

例えば、「人為的ミスを回避したい」、「低コストでの災害対策」、「コンピュータウイルス対策」、「長期・大容量の保存」など、必ずしもディスクだけで構成するのではなく、テープライブラリなどの異なる方式を含めて構成する必要も出てくるということです。

コンピュータウイルス対策、人為的ミスを回避したい、低コストでの災害対策の3項目の概要図
D2D方式以外での解決が求められる例

各バックアップ方式の特長を知り、あなたの環境に取り入れよう

つまり、バックアップ環境を構築するためには、現状運用しているシステム状況を理解すると同時に、バックアップ方式の特性を理解した選択を行うことが必要になります。ここでは代表的なディスクとテープ、2つの方式を比較しながら「選択するポイント」をあげていきます。

最適なバックアップ方式の概要図

まず、ディスクバックアップは高速という特長を備えています。そのため、バックアップの頻度が多い場合や、データ同期が求められるような場合に有効です。
一方、テープバックアップは、大容量・低コストで搬送もできるというメリットがあります。そのため、データ量が多く長期にわたって保存する必要がある場合や、搬送したとしてもトータルコストでメリットが出る場合などに向いています。

このように、長期保存・大容量・低コストである「テープバックアップ」は、事業継続の「セーフティネット」としての重要な位置づけを担っており、システム管理者は、事業継続を実現するために「ディスク」と「テープ」という2つの方式を上手に組み合わせて導入することで、ビジネス的・コスト的に効果的なバックアップ環境を構築していくことが必要です。

バックアップの中核をなすETERNUS LT series テープライブラリ

富士通ではバックアップ環境を構築するテープライブラリ製品としてETERNUS LT series テープライブラリを開発し、エントリーからハイエンドまで取り揃えお客様のニーズにあわせた製品提供をいたしております。

消費電力削減 高速性と互換性 セキュリティ

カタログ

関連情報

更新日:2018年4月19日
掲載日:2011年11月4日

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS