Dynamic Disk Pool(DDP)とは

ETERNUS AB/HB seriesが提供するDynamic Disk Pool(DDP)は、RAID6をベースにした新しいRAIDの概念であり、複数のドライブをプール化する機能となります。大きな特長としてプール内全てのドライブに『データ』『パリティ』『ホットスペア』領域を分散し配置する事で、従来ホットスペアとしてアイドル状態の専用ドライブが不要となり全てのドライブを効率的に利用することができます。

また、ドライブが故障した際、RAID方式では正常なドライブ内のデータとパリティから故障箇所を全て復元した後でRAIDに組み込み、故障前の状態に復元させていますが、DDPではプール内のすべてのドライブに対して並行してリビルド(再構成)処理が行われ、リビルドされたセグメントから順次故障前の状態に復元されます。

このようにDDPでは、ランダム性能に優れたシン・プロビジョニングを基盤としたドライブ冗長構成でドライブを効率的に利用することができるとともに、データのリビルド時間を最大で8分の1に抑制し、修復中の多重障害発生確率を下げ、性能劣化の影響を最小限に抑えることができます。

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ