GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Storage ETERNUS CS2000NS ネットワークストレージ

標準価格 8,702万円(税別・最小構成時)より

概要

投資の最適化

  • 1次階層にRAIDディスク、2次階層にはテープを配置。増大するデータに対し、階層管理(HSM) 注1機能でデータ格納をアクセス頻度に応じて自動最適化。効率的なデータ保管で電力消費を低減するとともに、投資コストを抑制

高信頼性

  • プロセッサや電源等の主要コンポーネントを二重化
  • RAIDディスクとテープでデータを二重管理。バックエンドライブラリではデュアルコピー機能でデータを冗長可能
  • ホストインターフェースのLANポートをPool化し、ハード故障時も継続したアクセスが可能

運用性

  • Windows, UNIX, Linuxなど異なるOS環境でファイル共有可能
  • 10/100/1000BASE-Tと、10ギガイーサネットをシステム環境に応じて組み合わせ可能
  • 装置監視モニタ(GXCC)で装置状態をタイムリーに把握、運用設定も容易に実施

災害対策

  • キャッシュミラー機能により、運用サイトとバックアップサイトに分散配置したRAIDディスク間でデータを複製、迅速なシステム復旧が可能
  • Export / Import機能で排出したカートリッジテープを遠隔地へ外部保管

セキュリティ

  • 不正アクセス防止のため、NASクライアントに対してアクセス権限を設定
  • 1次階層内のデータファイルにWORM注2設定をすることにより、データファイルの改ざんを防止

(注1) Hierarchical Storage Management
(注2) Write Once Read Many:一度書き込まれたデータの消去・変更を不可とする機能

仕様・諸元

ETERNUS CS2000NS 仕様

項目
キャビネット数 2 ~ 5
ネットワーク
インターフェース
サポートプロトコル NFS, CIFS
インターフェースタイプ 10/100/1000BASE-T,10GbE
インターフェース数 4 ~ 16
RAID容量 SAS HDD/RAID5 17.6 ~ 310.4TB
NL-SAS HDD/RAID6 66.8 ~ 1,342.4TB
ファイル注1 ファイルシステム数 最大 62
ファイルグループ数 最大 2,048
ファイル数 最大 2,000,000,000
バックエンド
テープライブラリ注2
インターフェース FC (8Gbit/s)
接続テープライブラリ ETERNUS LT270 S2を接続必須
(詳細はETERNUS LT270 S2(CS2000NS接続時)の装置仕様を参照)
サポートライブラリ数 最大10台
テープライブラリ容量 最大10.3PB
テープドライブタイプ LTO Ultrium5
サポートドライブ数 最大64台

(注1)CS2000NS 1台あたりのサポート数で、バックアップソフトウェアにより使用可能数が異なる場合があります。
(注2)接続するテープライブラリ数、テープドライブ数によって、別途ファイバチャネルの手配が必要になります。

ETERNUS CS2000NS 設置諸元

項目
外形寸法(W×D×H)注1 3,500 × 1,075 × 2,008 mm (突起物を含む)
最大質量注1 3,000 kg
電源仕様 電圧 AC200 ~ 240V
相数 単相
周波数 50Hz, 60Hz
最大所要電力注1 37.3 kW
最大発熱量注1 134,280 kJ/h
電源コンセント 必要コンセント数 8 (最大20)
コンセント形状 ロック式2ピンアース付 (NEMA L6-30)
周囲環境条件 温度 15 ~ 35℃ (動作時)
湿度 20 ~ 80% (動作時)

(注1)キャビネット5台、RAID容量最大構成時の値

接続テープライブラリ仕様

ETERNUS LT270 S2 (ETERNUS CS2000NS 接続時)の装置仕様

  ETERNUS LT270 S2 注1
収納巻数 621 ~ 693 注2
バックアップ容量 Ultrium5 カートリッジテープ 最大 1,039.5TB
テープドライブ仕様 Ultrium5
ドライブ注3
転送性能
(非圧縮)
140MB/秒
記憶容量
(非圧縮)
1.5TB/巻
搭載コンポーネント ロボット数 1
CAS部巻数 注4 10 × 2
テープドライブ数 2 ~ 16
外形寸法(W×D×H) 780 × 1,270 × 1,980 mm
最大質量注5 653 kg
電源条件 電圧 AC200 ~ 240V
相数 単相
周波数 50Hz, 60Hz
最大所要電力 1.16 kW
最大発熱量 4,162 kJ/h
電源コンセント 必要コンセント数 2
コンセント形状 ロック式2ピンアース付 (NEMA L6-15)
周囲環境条件 温度 10 ~ 35℃ (動作時)
湿度 20 ~ 80% (動作時)

(注1)1台接続した場合の値です。
(注2)ユーザー使用可能巻数で、テープドライブの搭載数により異なります。
(注3)WORMカートリッジテープは使用できません。
(注4)CASは、Cartridge Access Stationの略称です。
(注5)カートリッジの質量は含みません。

使用可能なカートリッジテープ

  記憶容量
注1
LTO Ultrium5 ドライブ注2
Read Write
LTO Ultrium1
カートリッジテープ
100GB
(200GB)
非対応 非対応
LTO Ultrium2
カートリッジテープ
200GB
(400GB)
非対応 非対応
LTO Ultrium3
カートリッジテープ
400GB
(800GB)
対応 非対応
LTO Ultrium4
カートリッジテープ
800GB
(1,600GB)
対応 対応注3
LTO Ultrium5
カートリッジテープ
1,500GB
(3,000GB)
対応 対応
クリーニングカートリッジ Ultrium1 クリーニングカートリッジ U 注4

(注) 対応: 使用可能, 非対応: 使用不可能
(注1)カッコ内の数値は2 : 1圧縮時の容量です。
(注2)LTO Ultrium5 テープドライブの暗号化機能は、Ultrium4, 5 カートリッジテープのみ使用可能です。
(注3)LTO Ultrium4 フォーマットで書き込み。
(注4)クリーニングカートリッジは、富士通コワーコ(株)で販売している純正品「Ultrium1 クリーニングカートリッジ U」(商品番号:0160280)をご使用ください。

クリーニングカートリッジの最大使用回数は、約50回です。

環境への配慮

グリーン製品の提供

Green Policy Innovation グリーン製品のロゴマーク

ETERNUS CS2000NSは、当社の厳しい環境評価基準(省資源化、リサイクル設計、化学物質含有 / 使用規制、省エネルギー、環境情報の提供など)をクリアした地球環境に配慮した「グリーン製品」です。

サポートサーバ/OS

サーバ名 サポートOS バックアップソフトウェア
基幹IAサーバ
PRIMEQUEST
1000シリーズ
Windows Server® 2003, Standard Edition SP2
Windows Server® 2003, Enterprise Edition SP2
Windows Server® 2003, Standard x64 Edition
Windows Server® 2003, Enterprise x64 Edition
Windows Server® 2008, Standard (64-bit)
Windows Server® 2008, Enterprise (64-bit)
Windows Server® 2008 R2, Standard (64-bit)
Windows Server® 2008 R2, Enterprise (64-bit)
Microsoft Data Protection Manager2010
Windows Server® 2003, Standard x64 Edition
Windows Server® 2003, Enterprise x64 Edition
Windows Server® 2008, Standard (64-bit)
Windows Server® 2008, Enterprise (64-bit)
Windows Server® 2008 R2, Standard (64-bit)
Windows Server® 2008 R2, Enterprise (64-bit)
VERITAS NetBackup 6.5
Symantec NetBackup 7.0以降
Windows Server® 2008, Standard (32-bit)
Windows Server® 2008, Enterprise (32-bit)
Windows Server® 2008, Standard (64-bit)
Windows Server® 2008, Enterprise (64-bit)
Windows Server® 2008 R2, Standard (64-bit)
Windows Server® 2008 R2, Enterprise (64-bit)
HP Data Protector 6.11以降
Windows Server® 2003, Standard Edition SP2
Windows Server® 2003, Enterprise Edition SP2
Windows Server® 2003, Standard x64 Edition
Windows Server® 2003, Enterprise x64 Edition
Windows Server® 2008, Standard (64-bit)
Windows Server® 2008, Enterprise (64-bit)
Windows Server® 2008 R2, Standard (64-bit)
Windows Server® 2008 R2,Enterprise (64-bit)
Microsoft Windows Server Backup
Windows Server® 2008 R2,Standard (64-bit)
Windows Server® 2008 R2,Enterprise (64-bit)
CommVault Simpana 9.0
Windows Server® 2008 R2,Standard (64-bit)
Windows Server® 2008 R2,Enterprise (64-bit)
Symantec Enterprise Vault 10.0
基幹IAサーバ
PRIMEQUEST
400/500/500A
シリーズ
Windows Server® 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
Windows Server® 2003, Datacenter Edition for Itanium-based Systems
Microsoft Data Protection Manager2010
UNIXサーバ
SPARC M10/SPARC Enterprise
Solaris 10 Operating System
Solaris 11 Operating System
Fujitsu NetWorker 7.6以降
PCサーバ
PRIMERGY
Windows Server® 2003, Standard x64 Edition
Windows Server® 2003, Enterprise x64 Edition
Windows Server® 2008, Standard (64-bit)
Windows Server® 2008, Enterprise (64-bit)
Windows Server® 2008 R2, Standard (64-bit)
Windows Server® 2008 R2, Enterprise (64-bit)
VERITAS NetBackup 6.5
Symantec NetBackup 7.0以降
Windows Server® 2008, Standard (32-bit)
Windows Server® 2008, Enterprise (32-bit)
Windows Server® 2008, Standard (64-bit)
Windows Server® 2008, Enterprise (64-bit)
Windows Server® 2008 R2, Standard (64-bit)
Windows Server® 2008 R2, Enterprise (64-bit)
HP Data Protector 6.11以降
Windows Server® 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
Windows Server® 2003, Datacenter Edition for Itanium-based Systems
Windows Server® 2003, Standard x64 Edition
Windows Server® 2003, Enterprise x64 Edition
Windows Server® 2008, Standard (64-bit)
Windows Server® 2008, Enterprise (64-bit)
Windows Server® 2008 R2, Standard (64-bit)
Windows Server® 2008 R2, Enterprise (64-bit)
Microsoft Data Protection Manager2010
Windows Server® 2008 R2, Standard (64-bit)
Windows Server® 2008 R2, Enterprise (64-bit)
CommVault Simpana 9.0
Windows Server® 2008 R2, Standard (64-bit)
Windows Server® 2008 R2, Enterprise (64-bit)
Symantec Enterprise Vault 10.0

[注] 接続するサーバのOSによってサポートするバックアップソフトウェアが異なります。サポートサーバ/OS/ソフトウェアの詳細につきましては弊社担当営業または販売パートナーまでお問い合わせください。

本製品では、下記のカートリッジテープをご利用ください。
[富士通コワーコ株式会社 取り扱い品]

  • Ultrium5 データカートリッジ1500G [商品番号: 0160340]
  • Ultrium5 データカートリッジ1500G WORM [商品番号: 0160345]
  • Ultrium4 データカートリッジ800G [商品番号:0160330]
  • Ultrium4 データカートリッジ800G WORM [商品番号:0160335]
  • Ultrium3 データカートリッジ400G [商品番号:0160320]
  • Ultrium3 データカートリッジ400G WORM [商品番号:0160325]
  • Ultrium1 クリーニングカートリッジU [商品番号:0160280]

特長・機能

データの階層管理

階層管理(HSM)注1機能でデータ格納を自動最適化

1次階層にRAIDディスク、2次階層にはテープを配置。HSM機能により、アクセス頻度の高いファイルデータは処理速度の速いRAIDディスクへ、アクセス頻度の低いファイルデータは安価で大容量なテープへ自動的に保管します。
最適な階層に自動配置することで、映像、音声、写真などの増加し続ける大容量データを効率的に保管できます。

(注1)Hierarchical Storage Management

データの階層管理 概要図

消費電力 / 運用工数の削減

大容量のデータをテープライブラリに保管して、ディスク容量を抑止することで電力消費を抑制できます。
さらに、データ配置の自動化により運用工数を削減できます。

高信頼性

ハードの障害発生時も運用継続

ホストインターフェースのLANポートをPool化しているため、LANポート及びフロントプロセッサが故障した際、別のポートへの切り替えが可能。これにより、ハード故障時も継続したアクセスが可能です。

制御プロセッサ内部の冗長化

フロント及びバックエンドのプロセッサや電源、ファン等の内部コンポーネントを二重化しています。片方のコンポーネントが故障した場合でもプロセッサの停止を回避し、縮退発生を抑止します。

制御プロセッサ内部の冗長化 概要図

高拡張性と運用性

高拡張性と高性能

最大1.3PBのRAIDディスク容量と最大約10PBのテープライブラリへのデータ格納が可能で、大規模環境に柔軟に対応。
さらに、10/100/1000BASE-Tと10ギガイーサネットをシステム環境に合わせて組み合わせが可能です。

多様なNASクライアントからのファイル共用

NFS(UNIX)、CIFS(Windows)といった標準的なファイルアクセスプロトコルをサポートし、異種OS間でのファイル共有をすることが可能です。

セキュリティ管理

NASクライアントに対してのアクセス権限設定と、1次階層にデータを格納する際のWORM機能注2を標準で備えデータファイルのセキュアなデータ保管を実現します。

(注2)Write Once Read Many:一度書き込まれたデータの消去・変更を不可とする機能

災害対策

1次階層内のデータ複製と2次階層内のデータ複製を組み合わせることで、早期運用再開を実現しデータの紛失を防止します。

1次階層内のデータ複製

キャッシュミラー機能により、運用サイトとバックアップサイトに分散配置した、ETERNUS CS2000NSのRAIDディスク間でデータの複製が可能です。テープライブラリが不要なため、コストを抑えながら1次階層内のデータを迅速に復旧可能です。

災害対策 概要図

2次階層内のデータ複製

デュアルコピー機能により、運用サイトとバックアップサイトに配置したバックエンドライブラリに、ETERNUS CS2000NSからデータの2重書きが可能です。これによりテープライブラリに保管している大量のデータを安全に保護することが可能です。

テープ媒体の外部保管

データを保管用テープに書き出し、装置外部で保管できます。遠隔地に搬送して保管することで、コストを抑えた災害対策を実現します。

カタログ・資料

カタログ

資料名 版数
ETERNUS CS2000NS (295 KB) 2013年10月版

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS