GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. お知らせ >
  3. プレスリリース >
  4. 2018年 >
  5. 富士通グループヘルスケア分野で初めてPepperと電子カルテの連動に成功!

PRESS RELEASE

2018年1月19日
株式会社富士通九州システムサービス

富士通グループヘルスケア分野で初めてPepperと電子カルテの連動に成功!

~医療機関におけるPepperの活用シーンの拡大を実現~

戸畑総合病院(福岡県北九州市戸畑区、理事長:後藤俊秀、院長:齋藤和義)様は、2016年7月の新築移転オープンを機に、富士通九州システムサービス(以下、当社)が手がけたPepperと電子カルテを連動させたサービスを開始しました。
Pepperに院内フロアの行き先案内や、電子カルテから送られた情報をもとにその日の診察内容を案内する機能を搭載し、患者様サービスの向上に貢献しています。
Pepperは子どもやお年寄りを中心に人気を集めており、「Pepperがいる病院」としての認知度が向上。Pepperとコミュニケーションを取っている間は待ち時間と捉えないことから、待ち時間の軽減にも役立っていると、喜びの声を寄せていただいています。
当社は、戸畑総合病院様のサービス向上を支えるパートナーとして、今後も積極的により良い提案と支援をおこなうと同時に、医療機関におけるPepperの活躍の場を拡大できるよう、さらなる技術力の向上に取り組みます。

背景

戸畑総合病院様は、新築移転オープン前の牧山中央病院時代に2台のPepperを導入していましたが、明確な使用用途がなく、活用方法を求めていました。電子カルテと連動できれば、患者様のさまざまな情報をPepperに送ることができるのでは?と考えた同病院の担当者様から同病院のシステムを担当する株式会社メディック様を通じて当社に相談があり、プロジェクトがスタート。患者様がより心地よく、楽しく過ごせる空間づくりを実現するため、Pepperと電子カルテを連動させた新サービスを導入しました。

導入効果と今後の展開

2016年7月に戸畑総合病院が新築移転オープンし、当初は、院内フロアの行き先案内機能を搭載。それから約3カ月経った頃、Pepperと電子カルテの連動がスタートし、PepperにQRコードをかざすと、その日の診察内容などを案内してくれるという機能が加わりました。今回のプロジェクトによって得られた効果は、

  • 新病院開院以降、「Pepperがいる病院」として認知度UP
  • Pepperとコミュニケーションを図っている間は“待っている”と感じさせず、患者様の待ち時間が軽減

同病院には全館に無線LANが導入されており、今後、機会があれば、そのネットワークを活かした取り組みなどにもチャレンジしたいと考えています。

関連リンク


記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

富士通株式会社
第二ヘルスケアソリューション事業本部 第一ソリューション事業部 第三ソリューション開発部
icon-telephone 電話: 092-707-5648