PRESS RELEASE

2021年3月8日
株式会社富士通九州システムズ

メディア業界向け財務・管理会計パッケージ「Fine@MEDIAⅡ」新機能リリース

~改正電子帳簿保存法の対応を見据えた電子回送の実現~

当社は、メディア業界の財務・管理会計業務に特化したパッケージシステム「Fine@MEDIAⅡ」において、令和3年度の改正電子帳簿保存法への対応を見据え、機能を追加いたします。

新機能により、電子化した証憑データを使用して伝票申請ができ、伝票業務が目的での出社が不要になります。また、領収書など証憑原紙のファイル保存が不要ですので、保管コストの削減が見込まれます。申請時は、承認者に自動でメール発信されるため、回送滞留による締め作業への影響も回避できます。

当社は、これからもお客様のニーズに合わせた柔軟な働き方をご支援いたします。

新機能の特長

  1. 証憑データ添付

    スマートデバイスやスキャナで電子化した証憑データを伝票申請明細単位に添付できます。
    また、証憑データはデータベースに保存されるため改ざんを防止できます。

  2. 伝票チェック業務支援

    入力された伝票データと証憑データは画面に並べて確認でき、証憑データの拡大表示にも対応しており、チェック時の視認性を高めています。

  3. 証憑原紙の使いまわし防止

    伝票データ保存時に同じ証憑データがシステム上に存在していないかをチェックします。
    証憑データの使いまわしなどの不正を抑止します。

機能提供予定

Fine@MEDIAⅡ2021年6月から標準機能として提供を開始します。
Fine@MEDIAご使用のシステムに個別に導入します。価格は別途お問い合せください。
Fine@ONAIR同 上

電子帳簿保存法について

現在の電子帳簿保存法への対応を希望される場合は、別途お問い合せください。

@MEDIAⅡ動作環境

APサーバ/DBサーバMicrosoft® Windows® Server 2016以上
クライアントMicrosoft® Windows® 10が動作するPC/AT互換機
ブラウザGoogleChrome76(推奨)、Microsoft Edge44、InternetExplorer11
データベースEDB Postgres11.4
提供形態自社導入(オンプレミス)、クラウドセンター利用(PaaSサービス)

関連リンク

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

お電話によるお問い合わせ

ページの先頭へ