PRESS RELEASE

2020年9月16日
株式会社富士通九州システムズ

クラウド型キャッシュレス決済中継サービス 需要高まるコード決済を強化

~PayPayや楽天ペイをはじめとした10ブランドに対応~

当社は、クラウド型キャッシュレス決済中継サービス「Card-SaaS」(以下、本サービス)において、新たにニーズの高い7ブランドのコード決済を可能とし、これにより全10ブランドに対応した決済中継を実現しました。

近年キャッシュレス決済は急速に普及しており、当社は、今後も需要が高まる各キャッシュレス決済に順次対応し、加盟店様のキャッシュレス売上に貢献します。

サービス名称

Card-SaaS クレジット決済中継

決済種類クレジット

Card-SaaS 決済中継(即時引落し型)

決済種類デビット、銀聯、新韓、Alipay、Alipay Connect注1、LINE Pay、WeChatPay、PayPayd払いau PAY楽天ペイメルペイJ-Coin Pay
※赤い太字部分が、今回新たに追加したコード決済

「Card-SaaS」は、富士通注2が提供するパーソナルデータ利活用プラットフォーム「FUJITSU Retail Solution CHANNEL Value」の決済中継サービスとしても提供をしております。

本サービスの特長

  1. 低コストでのコード決済拡充対応が可能
    コード決済ブランド毎のインターフェイスを一本化し、今後のコード決済ブランド拡充を短期間かつ低コストで実現します。
  2. 小売企業向けの業務支援機能
    小売業に精通している当社だからこそできるお客様の運用を意識した様々な業務支援機能を提供します。(カード会社別(店舗別)の売上照会、リアルタイムの取引照会等)
  3. 各加盟店要件に合わせたカスタマイズが可能
    お客様の要件に合わせてカスタマイズができる柔軟性の高いソリューションサービスを提供します。
  4. 加盟店運用のセキュリティ対策ノウハウ
    本サービスは、PCI DSS認証を取得しており、加盟店運用を意識したセキュリティ対策の支援が可能です。

動作環境

決済中継機能
  • 本サービス仕様に基づくTCP/IP接続
ファイル連携機能
  • HULFT8
WEB帳票機能
  • Internet Explorer 11 まで
  • Adobe Acrobat Reader DC 2015.008.20082 まで

注釈

  • 注1
    Alipay Connect:
    アジアを中心としたAlipayに連携する決済ブランド。各国の主要なコード決済ブランドを単一インターフェイスで中継可能とする。
  • 注2
    富士通:
    富士通株式会社【代表取締役社長:時田 隆仁、所在地: 東京都港区】

関連サイト

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ