GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース(FJQS/FQSS)>
  3. (株)富士通研究所の省エネに貢献

(株)富士通研究所の省エネに貢献

~アナログメーターのデータ分析を通じて設備を最適化~

2017年4月5日

当社はこのたび、富士通研究所(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長 佐々木 繁)において、アナログメーター認識システム「FUJITSU Software Imagepower Analog Meter Recognizer(アナログメーター レコグナイザー。以下、Analog Meter Recognizer)」を使った社内実践を実施しました。
本プロジェクトでは、ビル管理システムが収集できない設備のメーターの値をカメラで撮影してデジタル化、そのデータ分析から設備のチューニングを行うことで、エネルギー消費量の削減を実現しました。

背景と課題

富士通グループのR&D(研究開発)の中核である富士通研究所。同研究所で主にハード系開発を担う厚木地区では、施設内の各設備のデータをビル管理システムに集約しています。しかし、導入から時間の経過した古い設備は、管理システムに取り込むことが難しいため、一部にデータを収集できていないメーターが存在していました。
そこで、人手による巡回チェックも併用していたものの、常時監視ではないことから、トラブルの原因究明などに必要なデータとしては十分ではありませんでした。
こうした中で、さらなる省エネや安定稼働を実現していくには、取り込めていないデータをいかに可視化するかが大きなテーマとなっていました。

導入効果と今後の展開

2016年3月に、当社の「Analog Meter Recognizer」を用いた社内実践を、空調設備に使われる蒸気を利用した熱交換器を対象にテストを実施。効果を確認できたことから、電力消費の7割を占めるクリーンルームの空調機に対して省エネポテンシャル(可能量)の調査を実施しました。これにより、以下の効果がありました。

  • ビル管理システムが管理できなかった設備の細かな動きの把握
  • 必要以上に冷却した空気の再加熱など、無駄の発見
  • 外調機、空調機、再加熱器の最適チューニング
  • 省エネによる年間1,500万円以上のコスト削減
  • 人手による巡回チェックでは把握できない障害予兆の発見
  • 属人化や経験に頼らない設備の管理

富士通研究所では現在、「Analog Meter Recognizer」をスタンドアロンで使用しています。今後はそのデータをビル管理システムに取り込み、データ分析を通じて、新たな知見につなげていく計画です。また、施設管理を担う富士通ファシリティーズ・エンジニアリング(FFE)では、ほかの富士通グループの事業所における施設管理にも、「Analog Meter Recognizer」を展開していく計画を検討しています。

本製品の特長

Recognizer 画像認識技術で、円形のアナログメーター、7セグメント表示情報、LEDランプ点灯をカメラ映像から認識し、計測値をデジタル化。データを蓄積し、しきい値超過が検出されるとアラームをあげるシステムです。 アナログメーターの検針を自動化することで、人手に頼る監視作業の負荷軽減を実現します。データはリアルタイムで蓄積されるため、異常値発生時の迅速な対応が可能です。

お客様の会社概要


社名 株式会社富士通研究所
代表取締役社長 佐々木 繁
設立 1968年
所在地 〒211-8588 神奈川県川崎市中原区上小田中4-1-1
資本金 50億円
従業員数 約1,200名

サービス提供会社概要


社名 株式会社富士通九州システムサービス
代表取締役社長 松井 和男
設立 2012年4月2日
所在地 〒812-0007福岡市博多区東比恵1-5-13 東比恵ビジネスセンターⅡ
資本金 1億円(株式会社富士通九州システムズ100%)

関連リンク


記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。


日付: 2017年4月5日
会社名: 株式会社富士通九州システムサービス

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通九州システムサービス
未来社会問題ソリューション本部 画像ソリューション部
icon-telephone 電話: 097-534-9426
icon-form お問い合わせフォームへ